キャットフード比較「カナガンキャットフード」と「アカナ」猫にとって最高級の餌は?

カナガン アカナ 比較

 

カナガンキャットフードとアカナの比較

 

現在ネット通販で人気のキャットフードである「カナガンキャットフード」と「アカナ」の特徴を踏まえながら、どちらが最適でおすすめなキャットフードなのか比較してみたいと思います。

 

キャットフード選びで悩んでいる飼い主さんは参考にして下さい。

 

 

カナガンキャットフードとアカナの原料比較

 

カナガンキャットフード アカナ
乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、
鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、
ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、
ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、
マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、
アニスの実、コロハ
新鮮骨なし鶏肉(18%)、乾燥鶏肉(17%)、乾燥七面鳥肉(9%)、
新鮮骨なし七面鳥肉(6%)、鶏肉脂肪(5%)、ヒヨコ豆、
赤レンズ豆、鶏レバー(5%)、新鮮骨なしイエローパーチ(4%)、
グリンピース、緑レンズ豆、新鮮全卵(3%)、イエローピース、
ニシン油(3%)、アルファルファ、乾燥昆布、カボチャ、
バターナッツスクワッシュ、ホウレン草、ニンジン、リンゴ、
梨、クランベリー、チコリー根、タンポポ根、カモミール、
ペパーミントリーフ、ジンジャールート、キャラウェイシード、
ターメリック、ローズヒップ、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、フリーズドライ鶏肉、フリーズドライ七面鳥肉

 

イギリスの最高級ペットフードブランドであるカナガンキャットフードのキャットフードは、原材料のおよそ6割に新鮮な骨なしチキンの生肉や乾燥チキンが使われています。

 

一方、カナダで数々の信頼ある賞を受賞してきたオリジンのセカンドラインとも呼ばれるアカナのキャットフードも、

 

チキンや七面鳥の生肉や乾燥肉に鶏肉の脂肪などが4割から6割を占める贅沢な原材料となっています。

 

2社とも、主原料の肉以外には新鮮な野菜や果物にハーブなどが多く配合されており、猫に不必要と言われる穀物や有害な人工添加物は一切入っていないため、

 

猫はフードから自然な形で必要な栄養素を摂ることができ、飼い主も安心して猫に給餌することができます。

 

このように、肉の配合率やデメリットになる食材や添加物は一切使わないなど徹底した品質管理が際立つカナガンキャットフードとアカナですが、

 

違いを強いて言うのであれば、カナガンキャットフードのフードが100%完全に無添加であるのに対し、

 

アカナでは不足している栄養に関しては添加栄養素としてサプリを追加していることが挙げられます。

 

猫の餌におすすめなキャットフードランキングBEST3はこちら

 

 

カナガンキャットフードとアカナの成分比較

 

カナガンキャットフード アカナ

粗タンパク質 37.00%
脂質 20.00%
粗灰分 8.50%
粗繊維 1.50%
水分 7.00%
オメガ6脂肪酸 2.99%
オメガ3脂肪酸 0.82%
リン 1.40%
マグネシウム 0.09%
ナトリウム 0.36%
カルシウム 1.58%
カリウム 0.64%

たんぱく質 35.0% 以上
脂肪 20.0% 以上
水分 10.0% 以下
繊維 3.0% 以下
カルシウム 1.2% 以上
リン 1.0% 以上
タウリン 0.2% 以上
マグネシウム 0.1% 以上
オメガ6 3.0% 以下
オメガ3 0.5% 以下
PH 5.5

 

カナガンキャットフード・アカナ共に、高たんぱく質に低炭水化物の徹底や、繊維質に脂肪分、オメガ3やオメガ6脂肪酸など、

 

猫に必要な栄養素がしっかり詰まった優良フードとなっています。

 

2社ともに成分に関しても文句のつけ所がないと言っても過言ではないのです。

 

ですが、アカナに含まれるたんぱく質はカナガンキャットフードに比べると若干含有量が高い為、

 

一日室内でのんびり過ごす猫にとっては、

 

アカナのキャットフードは肥満のリスクや肝臓の数値が悪くなる可能性がある

 

ので注意が必要です。

 

運動量の多い猫や栄養がたくさん必要な幼猫は良いとして、去勢猫やシニア猫などには全ライフステージ対応のカナガンキャットフードがおすすめとなっています。

 

猫の餌におすすめなキャットフードランキングBEST3はこちら

 

 

カナガンキャットフードとアカナのコストパフォーマンス比較

カナガン アカナ 比較

 

カナガンキャットフードの価格は、公式サイトによると1キロあたり2640円であり、1日に60gを摂取量として毎日約158円のコスパがかかります。

 

一方、アカナの価格は1キロ2616円、1日60gとして157円のコスパとなっており、2社の金額には差がほとんどありません。

 

しかし、カナガンキャットフードでは定期コースで契約した場合、最大20%オフになるなどお得なプランが利用できるメリットがあります。

 

猫の餌におすすめなキャットフードランキングBEST3はこちら

 

 

カナガンキャットフードとアカナの比較まとめ

 

2社を比較すると、どちらもヒューマングレードの厳しい品質管理にこだわった、大変優良なキャットフードであることが分かりました。

 

そのこだわりは甲乙つけがたく、猫の健康に必要なものはふんだんに使い、不必要なものは一切配合していないといった、筋の通った徹底ぶりが双方から伺えます。

 

ちなみに、パッケージの大きさはカナガンキャットフードは1.5キロパック1種類のみ、アカナでは340グラムと2.27キロの2種類です。

 

約1か月弱で使いきれるカナガンキャットフードのパックに対し、アカナのパックでは

 

「340グラムでは少なすぎるし、2.27キロでは開封後の保存方法に気を付けなければならない」

 

と言った声も出ています。

 

2.27キロのサイズを購入する場合は、保存料が天然成分であることを考慮して、タッパーやジップロックに入れて冷蔵庫に保存することをおすすめします。

 

カナガン レビュー

カナガンキャットフードを与えてみた感想

 

カナガンキャットフードを与える様になってからパクパク食べてくれる様になりました。

 

食いつきが良く、勢い良く食べてくれるので、本当に助かっています。

 

おかげさまで、パサパサだったうちの猫の毛艶も良くなり、元気を取り戻してくれました。

 

ダイエットにも成功でき本当にカナガンキャットフードには感謝しています。

 

カナガンキャットフードを与える事によるメリット


  • 食いつきの悪さを解消

  • 関節炎や膝蓋骨脱臼の予防

  • 毛並みや毛艶の悪さを改善できる

  • アレルギーや尿路結石の予防

  • 涙やけ対策

  • カロリー計算や食事量の調整が簡単

  • キャットフードの切り替えが不要

 

 

 

ill-badge-riyuu

カナガン キャットフード レビュー
カナガンキャットフード
の詳細や口コミ情報はこちら

ill-badge-check

カナガン レビュー 評判 食いつき
カナガンキャットフードの口コミ
評価とレビューはこちら

 

 

 

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.