キャットフードの比較「カナガンキャットフード」と「アーテミス」

カナガン アーテミス 比較

カナガンキャットフードとアーテミスの比較

 

現在ネット通販で人気のキャットフードである「カナガンキャットフード」と「アーテミス」の特徴を踏まえながら、どちらが最適でおすすめなキャットフードなのか比較してみたいと思います。

キャットフード選びで悩んでいる飼い主さんは参考にして下さい。

 

カナガンキャットフードとアーテミスの原料比較

 

カナガンキャットフード アーテミス
乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、
鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、
ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、
ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、
マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、
海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、
アニスの実、コロハ
フレッシュチキン・ドライチキン・えんどう豆・大麦・米糠
・鶏脂肪(混合トコフェロールによる保存処理済)・チキンスープ(天然風味料)
・ドライ魚肉・フラックスシード・硫酸水素ナトリウム・塩化コリン・タウリン
・乾燥チコリ根・ケルプ・人参・リンゴ・トマト・ブルーベリー・ほうれんそう
・クランベリー・ローズマリーエキス・パセリフレーク・グリーンティエキス
・大麦エキス・L‐カルニチン・エンテロコッカスフェシウム・ラクトバチルスカゼイ
・ラクトバチルスアシドフィルス・サッカロミセス発酵溶解物・乾燥麹菌発酵エキス
・亜鉛タンパク質・ビタミンE・ナイアシン・マンガンタンパク質・銅タンパク質
・硫酸亜鉛・硫酸マンガン・硫酸銅・チアミン硝酸塩・ビタミンA・ビオチン
・ヨウ化カリウム・パントテン酸カルシウム・リボフラビン・ピリドキシン塩酸塩
(ビタミンB6)・ビタミンB12・酸化マンガン・亜セレン酸塩ナトリウム・ビタミンD・葉酸

 

アメリカ発祥のペットフードブランドであるアーテミスの代表的なキャットフード「フレッシュミックス フィーライン」では、主な原料はチキンの生肉と乾燥肉が使われ、第3の原料としては繊維質が豊富で消化の良いエンドウ豆が入っています。

 

一方で、イギリス発祥の最高級キャットフードと呼ばれるカナガンキャットフードでも、原料の6割以上にチキンの生肉と乾燥肉が使われています。

 

また、カナガンキャットフードの原材料の残りの3割は新鮮な野菜や果物、ハーブなどがふんだんに使われているなど、2社共にヒューマングレードにこだわった素材になっています。

 

それだけでなく、カナガンキャットフードは人工添加物は使わず保存料も天然成分で補うなど、猫の健康に配慮したプレミアムフードであることが分かります。

 

とはいえ、2社の原料には、穀物使用かそうでないかで明確な違いがあり、完全に穀物フリーとされるカナガンキャットフードに対し、アーテミスでは第4原料にイネ科の大麦が入っています。

 

大麦は、小麦やトウモロコシと比べるとアレルギーリスクは低く、繊維質に恵まれているなどの利点はあるものの、本来言肉食動物である猫にとって消化はしづらいと言ったデメリットもあるため、完全なグレインフリー(穀物不使用)のフードを求める場合にはカナガンキャットフードがおすすめとなります。

 

カナガンキャットフードとアーテミスの成分比較

 

カナガンキャットフード アーテミス
粗タンパク質 37.00%
脂質 20.00%
粗灰分 8.50%
粗繊維 1.50%
水分 7.00%
オメガ6脂肪酸 2.99%
オメガ3脂肪酸 0.82%
リン 1.40%
マグネシウム 0.09%
ナトリウム 0.36%
カルシウム 1.58%
カリウム 0.64%
粗蛋白質 30%以上
粗脂肪 20%以上
粗繊維 3%以下
水分 10%以下
タウリン 0.15%以上
オメガ6脂肪酸 3.4%以上
オメガ3脂肪酸 0.6%以上
代謝カロリー 3,922kcal/kg

 

カナガンキャットフードとアーテミス共に、新鮮なチキンの生肉や乾燥肉がベースとなっており、フードからアミノ酸を含んだ良質な動物性たんぱく質を豊富に摂ることができます。

 

更にカナガンキャットフードでは、6割以上配合されたチキンから、肉食動物の猫に必要な動物性たんぱく質を3豊富に摂ることができます。

 

それだけでなく、新鮮な野菜や果物、ハーブからは、繊維質やビタミン、ミネラルの摂取ができ、更にはオメガ6脂肪酸やオメガ3脂肪酸、タウリンなどの配合により、猫に多い腎不全や肝臓疾患を未然に防ぐ対策がなされています。

 

一方のアーテミスでも、肉の配合率はカナガンキャットフードに比べて少ないものの、主原料のチキンからは良質な動物性たんぱく質を得ることができます。

 

また、米ぬかを配合することで、ビタミンBやカルシウム、アミノ酸や鉄分などの栄養素を取り入れたり、消化酵素を充分に得られるよう独自の製法を開発しています。

 

しかし、アーテミスの原材料を見ると、カナガンキャットフードには見られないエキスと書かれたものが多かったり、摂りすぎると下痢の原因にもなるトコフェロールが酸化防止剤に使われているのは少々気になるところと言えます。

 

カナガンキャットフードとアーテミスのコストパフォーマンス比較

 

カナガンキャットフードの価格は、公式サイトによると1キロあたり2640円であり、1日に60gを摂取量として毎日約158円のコスパがかかります。

 

アーテミスのフレッシュミックス フィーラインでは、1キロあたり1979円、1日60gとして119円のコスパとなっています。

 

2社を比べるとアーテミスのが安いことが分かりますが、カナガンキャットフードは1粒1粒の栄養素がアーテミスより高く、定期コースにすることで最大20%オフになるため、実質のコスパはカナガンキャットフードに軍配が上がると言えます。

 

カナガンキャットフードとアーテミスの比較まとめ

 

カナガンキャットフードとアーテミスを総合的に比較すると、アーテミス・カナガンキャットフード両者とも、ヒューマングレードにこだわった、栄養価の高い猫の健康を考えた優良フードであることが分かりました。

 

とはいえ、完全なグレインフリーとは言えないアーテミスに対し、穀物不使用に徹底したカナガンキャットフードでは、穀物アレルギーや消化不良が見られる猫など、幼猫やシニア猫に関わらず全てのライフステージに対応できるため、カナガンキャットフードであれば安心を買うことができます。

 

今多くの飼い主が選んでいるカナガンキャットフードを選んでみてください。

 

カナガンキャットフード

 

カナガン レビュー

カナガンキャットフードを与えてみた感想

 

カナガンキャットフードを与える様になってからパクパク食べてくれる様になりました。

 

食いつきが良く、勢い良く食べてくれるので、本当に助かっています。

 

おかげさまで、パサパサだったうちの猫の毛艶も良くなり、元気を取り戻してくれました。

 

ダイエットにも成功でき本当にカナガンキャットフードには感謝しています。

 

カナガンキャットフードを与える事によるメリット


  • 食いつきの悪さを解消

  • 関節炎や膝蓋骨脱臼の予防

  • 毛並みや毛艶の悪さを改善できる

  • アレルギーや尿路結石の予防

  • 涙やけ対策

  • カロリー計算や食事量の調整が簡単

  • キャットフードの切り替えが不要

 

 

 

ill-badge-riyuu

カナガン キャットフード レビュー
カナガンキャットフード
の詳細や口コミ情報はこちら

ill-badge-check

カナガン レビュー 評判 食いつき
カナガンキャットフードの口コミ
評価とレビューはこちら

 

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.