キャットフード比較「カナガンキャットフード」か「ウェルネス」、肉食動物である猫に向いているのは!?

カナガン ウェルネス 比較

カナガンキャットフードとウェルネスの比較

 

現在ネット通販で人気のキャットフードである「カナガンキャットフード」と「ウェルネス」の特徴を踏まえながら、どちらが最適でおすすめなキャットフードなのか比較してみたいと思います。

 

キャットフード選びで悩んでいる飼い主さんは参考にして下さい。

 

カナガンキャットフードとウェルネスの原料比較

 

カナガンキャットフード ウェルネス
乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、
鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、
ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、
ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、
カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ
サーモン、サーモンミール、白身魚ミール、
白米、粗挽き大麦、粗挽き白米、
鶏脂(ミックストコフェロールで酸化防止)、
骨抜き七面鳥、フィッシュエキス、トマトポマス、
クランベリー、チコリ根抽出物、粗挽き亜麻仁、
クランベリー抽出パウダー、クランベリー繊維、
乾燥こんぶ、ラクトバチルス・プランタルム
エンテロコッカス・フェシウム、ラクトバチルス・カゼイ
ラクトバチルス・アシドフィラス
ユッカ抽出物、L-カルニチン、グルコサミン塩酸塩、
コンドロイチン硫酸、
ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、ベータカロテン、A、B1
パントテン酸、B6、B2、D3、ビオチン、B12、葉酸、C)、
ミネラル類(塩化カリウム、亜鉛タンパク化合物、
硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、鉄タンパク化合物、
硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、
硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、
緑茶抽出物、スペアミント抽出物)乳酸菌

 

イギリス発祥の最高級グレードと言われるカナガンキャットフードのキャットフードは、主な原材料にイギリス産の平飼いチキンを6割以上使用するなど、本来肉食動物である猫に必要な栄養素がたっぷりと入ったプレミアムフードとして人気があります。

 

カナガンキャットフードでは、猫の健康を考え人工的な添加物や穀物は一切使用せずに、新鮮な野菜やハーブを配合しています。

 

猫が苦手とする消化を助けたり腹もちを良くするなど、胃腸の弱い猫や肥満猫にも最適なフードとなっています。

 

もちろん、アメリカ発祥のウェルネスも自然素材と人工添加物不使用にこだわったキャットフードを展開しています。

 

主な原料は骨抜き七面鳥や骨抜きチキン、チキンミールなどの肉類と、白身魚ミールやニシンミールと言った魚類がバランス良く含まれていることが分かります。

 

しかしながら、2社の原料を比較すると、カナガンキャットフードは完全なグレインフリー(穀物不使用)であるのに対し、ウェルネスではグレードによって粗挽き大麦や粗挽き白米などが配合されているフードも存在しています。

 

小麦やトウモロコシに比べてデメリットは少ないものの、アレルギーや消化不良を起こすリスクがあります。

 

よって、お腹の弱い猫や穀物アレルギーがある猫には、カナガンキャットフードか少し高めのウェルネスコア(穀物不使用)を選ぶようにしましょう。

 

カナガンキャットフードとウェルネスの成分比較

 

カナガンキャットフード ウェルネス
粗タンパク質 37.00%
脂質 20.00%
粗灰分 8.50%
粗繊維 1.50%
水分 7.00%
オメガ6脂肪酸 2.99%
オメガ3脂肪酸 0.82%
リン 1.40%
マグネシウム 0.09%
ナトリウム 0.36%
カルシウム 1.58%
カリウム 0.64%
粗たんぱく質 36.0%以上
粗脂肪 17.0%以上
粗繊維 3.0%以下
粗灰分 7.0%以下
水分 11.0%以下
マグネシウム 0.08%以上、0.12%以下
ビタミンA 5000IU/kg以上
ビタミンE 300IU/kg以上
タウリン 0.2%以上
オメガ-6脂肪酸 2.8%以上
オメガ-3脂肪酸 1.25%以上
グルコサミン 250mg/kg以上
コンドロイチン硫酸 200mg/kg以上
総乳酸菌数 1.7×105CFU/g以上
ラクトバチルス・プランタルム、
エンテロコッカス・フェシウム、
ラクトバチルス・カゼイ、
ラクトバチルス・アシドフィラス

 

猫は昔ながらの肉食性を保持し続けた特性により、人や犬よりもたんぱく質を多く必要とします。

 

そうした背景から、カナガンキャットフードのフードは原材料の6割以上にチキンが入っており、良質な動物性たんぱく質を豊富に摂ることが可能となっています。

 

また、猫は生理的に不可欠であるタウリンやビタミンAなどを体内で作ることができません。

 

カナガンキャットフードにはタウリンが2200mg/kgも配合されており、チキンやクランベリーから猫に必要な各種ビタミンを摂取することができます。

 

一方ウェルネスでも、新鮮で豊富な野菜や果物を配合により猫に必要な抗酸化栄養素、4種の乳酸菌から健康な胃のサポート、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸から美しい毛並みと皮膚が得られるように作られています。

 

但し、ウェルネスでは魚が原材料に入っているので塩分が多少高くなり、マグネシウムの値がカナガンキャットフードや他のプレミアムフードと比べると0.13%と少し高めなのが気になるところではあります。

 

雄猫で尿路疾患があるなど日頃の塩分が気になる場合は、チキンオンリーのカナガンキャットフードがおすすめとなっています。

 

カナガンキャットフードとウェルネスのコストパフォーマンス比較

 

カナガンキャットフードの価格は、公式サイトによると1キロあたり2640円であり、1日に60gを摂取量として毎日約158円のコスパがかかります。

 

ウェルネスコア(穀物不使用)の価格は1キロあたり3157円であり、1日に60gとして毎日189円のコスパとなり、カナガンキャットフードよりも多少高いことが分かります。

 

また、ウェルネスにはパッケージが400gと900gの2種類しか無いため、1.5キロパックがあるカナガンキャットフードと比べると割高感があるのは否めません。

 

カナガンキャットフードとウェルネスの比較まとめ

 

2社をまとめると、カナガンキャットフードもウェルネスも猫の将来の健康を考えたプレミアムなキャットフードと言えます。

 

しかし、ウェルネスが販売するフードには様々な種類があり、全種類ともアレルギーリスクの高い小麦やトウモロコシと言った穀物は使用していないものの、粗挽き大麦や粗挽き白米が副原料になっています。

 

「猫に不必要な穀物は避けたい」と言う場合は、カナガンキャットフードを選ぶかウェルネスの中でも上級グレードであるウェルネスコアがおすすめとなっています。

 

カナガンキャットフード

 

カナガン レビュー

カナガンキャットフードを与えてみた感想

 

カナガンキャットフードを与える様になってからパクパク食べてくれる様になりました。

 

食いつきが良く、勢い良く食べてくれるので、本当に助かっています。

 

おかげさまで、パサパサだったうちの猫の毛艶も良くなり、元気を取り戻してくれました。

 

ダイエットにも成功でき本当にカナガンキャットフードには感謝しています。

 

カナガンキャットフードを与える事によるメリット


  • 食いつきの悪さを解消

  • 関節炎や膝蓋骨脱臼の予防

  • 毛並みや毛艶の悪さを改善できる

  • アレルギーや尿路結石の予防

  • 涙やけ対策

  • カロリー計算や食事量の調整が簡単

  • キャットフードの切り替えが不要

 

 

 

ill-badge-riyuu

カナガン キャットフード レビュー
カナガンキャットフード
の詳細や口コミ情報はこちら

ill-badge-check

カナガン レビュー 評判 食いつき
カナガンキャットフードの口コミ
評価とレビューはこちら

 

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.