愛猫に一度は試してみたいのはカナガンキャットフード、オリジンどっち!?キャットフードの比較

カナガン オリジン 比較

カナガンキャットフードとオリジンの比較

 

現在ネット通販で人気のキャットフードである「カナガンキャットフード」と「オリジン」の特徴を踏まえながら、どちらが最適でおすすめなキャットフードなのか比較してみたいと思います。

キャットフード選びで悩んでいる飼い主さんは参考にして下さい。

 

■カナガンキャットフードとオリジンの原料比較

 

カナガンキャットフード オリジン
乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ 新鮮骨なし鶏肉(20%)、乾燥鶏肉(15%)、新鮮鶏レバー(4%)、新鮮丸ごとニシン(4%)、
新鮮骨なし七面鳥肉(4%)、乾燥七面鳥肉(4%)、新鮮七面鳥レバー(3%)、新鮮全卵(3%)、新鮮骨なしウォールアイ(3%)、新鮮丸ごとサーモン(3%)、新鮮鶏ハツ(3%)、鶏軟骨(3%)、乾燥ニシン(3%)、乾燥サーモン(3%)、鶏レバー油(3%)、鶏肉脂肪(2%)、
赤レンズ豆、グリンピース、緑レンズ豆、日干しアルファルファ、
乾燥昆布、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、ホウレン草、ニンジン、リンゴ、梨、クランベリー、チコリー根、タンポポ根、カモミール、ペパーミントリーフ、ジンジャールート、キャラウェイシード、ターメリック、ローズヒップ、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、フリーズドライ鶏肉、フリーズドライ七面鳥肉、発酵乾燥腸球菌フェシウム+ビタミン&ミネラル
※新鮮搬送、防腐剤不使用

 

世界に誇れるペットフードブランドとして名高いカナガンキャットフードやオリジンのキャットフードは、猫に有害とされる人工添加物はおろか、穀物も一切入っていない最高級のプレミアムフードとなっています。

 

2社共、使われる原料は全てヒューマングレードが基本です。

 

オリジンの主な原材料は、地元飼育され毎日搬送されるチキンや七面鳥の生肉や乾燥肉、レバーや軟骨にハツなどの部位に加え、生や乾燥のニシンやサーモンと言った肉や魚がおよそ8割を占めています。

 

そのほか赤レンズ豆やグリンピースなどの豆類や、カボチャやホウレン草、ニンジンなどの緑黄色野菜、クランベリーやペパーミントリーフなどのハーブ類もふんだんに使われています。

 

一方のカナガンキャットフードでも、原材料の6割以上に新鮮なチキンの生肉と乾燥チキンが使われています。

 

残りの3割は消化を助けるサツマイモやジャガイモ、ホウレン草や人参と言った野菜や、リンゴにクランベリーやマリーゴールドなどの果物やハーブも豊富に配合されています。

 

原材料がとにかく高品質で猫に有害なものは一切入っていないなど、カナガンキャットフードとオリジンには良い共通点が多いです。

 

ですが、肉の割合がカナガンキャットフードより多く含まれている為、高たんぱくフードであるオリジンの商品は、若い猫や運動量の多い猫向きのキャットフードです。

 

その為、シニア猫や運動不足の猫には肥満の原因にもなるため不向きな場合があるので猫の年齢や運動量に注意して与える必要があります。

 

カナガンキャットフードとオリジンの成分比較

 

カナガンキャットフード オリジン
粗タンパク質 37.00%
脂質 20.00%
粗灰分 8.50%
粗繊維 1.50%
水分 7.00%
オメガ6脂肪酸 2.99%
オメガ3脂肪酸 0.82%
リン 1.40%
マグネシウム 0.09%
ナトリウム 0.36%
カルシウム 1.58%
カリウム 0.64%

粗たんぱく質 42%
粗脂肪 20%
粗繊維 3%
灰分 8%
カルシウム 1.4%
リン 1.1%
マグネシウム 0.09%
タウリン 0.25%
オメガ6/3脂肪酸 2.5%/1.8%
DHA/EPA 1%/0.7%
タウリン 0.25%
マグネシウム 0.09%
pH 5

サプリメント
添加物(1kg中):栄養添加物:ビタミンA:、
ビタミンD3、E1(鉄)、E2(ヨウ素)、
E4(銅)、E5 (マンガン)、E6 (亜鉛)、E8 (セレン)

 

オリジンでは、鶏肉や魚、鶏のレバーや軟骨などから天然のビタミンやミネラル、タウリンアミノ酸を豊富に摂ることができます。

 

不足分はサプリメントとして添加されていることがパッケージの記載から分かります。

 

一方カナガンキャットフードでは、生や乾燥の鶏肉から得られる天然成分のビタミンやミネラル以外にも、海藻や野菜やハーブからたっぷりの栄養が得られることが分かっています。

 

2社とも、他のメーカーに比べて肉の割合が多く、良質の高たんぱく質フードであることが分かります。

 

ですが、オリジンはカナガンキャットフードに比べて更にたんぱく質が多いため、肝臓疾患がある猫では炭水化物が不足する可能性があります。

 

また、高たんぱく質フードは慢性腎不全の猫にも良くないため、肝臓や腎臓に疾患を持った猫にはオリジンは不向きであることが分かっています。

 

カナガンキャットフードとオリジンのコストパフォーマンス比較

 

カナガンキャットフードの価格は、公式サイトによると1キロあたり2640円であり、1日に60gを摂取量として毎日約158円のコスパがかかります。

 

一方、オリジンでは1キロあたり3253円、1日60gとして194円かかり、肉の配合率が多いこともありコスパはカナガンキャットフードより多少高いことが分かります。

 

■カナガンキャットフードとオリジン比較まとめ

 

2社を比較すると、どちらも高品質な食材をふんだんに使い、有害や不必要なものは一切入れないなど、猫の健康を一番に考えた優良フードと言えます。

 

しかし、カナガンキャットフードより高たんぱくフードであるオリジンの商品は、幼猫や健康で活動的な成猫には良いものの、シニア猫や運動量の低い猫には肥満の原因になるリスクがあります。

 

また、肝臓疾患のある猫には炭水化物不足が懸念されるため、あまりおすすめはできないです。

 

その点、カナガンキャットフードでは幼猫からシニア猫、腎臓病などにも配慮された全ライフステージ対応のフードとなっているため、安心して与えることができます。

 

カナガンキャットフード

 

カナガン レビュー

カナガンキャットフードを与えてみた感想

 

カナガンキャットフードを与える様になってからパクパク食べてくれる様になりました。

 

食いつきが良く、勢い良く食べてくれるので、本当に助かっています。

 

おかげさまで、パサパサだったうちの猫の毛艶も良くなり、元気を取り戻してくれました。

 

ダイエットにも成功でき本当にカナガンキャットフードには感謝しています。

 

カナガンキャットフードを与える事によるメリット


  • 食いつきの悪さを解消

  • 関節炎や膝蓋骨脱臼の予防

  • 毛並みや毛艶の悪さを改善できる

  • アレルギーや尿路結石の予防

  • 涙やけ対策

  • カロリー計算や食事量の調整が簡単

  • キャットフードの切り替えが不要

 

 

 

ill-badge-riyuu

カナガン キャットフード レビュー
カナガンキャットフード
の詳細や口コミ情報はこちら

ill-badge-check

カナガン レビュー 評判 食いつき
カナガンキャットフードの口コミ
評価とレビューはこちら

 

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.