「カナガンキャットフード」と「サイエンスダイエット」のキャットフード比較

カナガン サイエンスダイエット 比較

 

カナガンキャットフードとサイエンスダイエットの比較

 

現在ネット通販で人気のキャットフードである「カナガンキャットフード」と「サイエンスダイエット」の特徴を踏まえながら、どちらが最適でおすすめなキャットフードなのか比較してみたいと思います。

 

キャットフード選びで悩んでいる飼い主さんは参考にして下さい。

 

カナガンキャットフードとサイエンスダイエットの原材料を比較

 

カナガンキャットフード サイエンスダイエット
乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、
鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、
ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、
ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、
マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、
海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、
アニスの実、コロハ
トリ肉(チキン、ターキー)、小麦、動物性油脂、
トウモロコシ、コーングルテン、米、ポークエキス、
ビートパルプ、魚油、ミネラル類
(ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、
マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類
(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、
アミノ酸類(タウリン、メチオニン、リジン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)
※代謝エネルギー 416kcal/100g

 

動物病院で良く見かけるフードと言えばサイエンスのサイエンスダイエットですが、こちらは総勢150人もの獣医師や栄養学者が猫の健康や嗜好に配慮しながら開発した、チェコ発祥のペットフードブランドです。

 

一方で、ペット愛護国のイギリスにおいて尚、最高級ブランドとも呼ばれるカナガンキャットフードも、どの獣医師もが認める安心安全なキャットフードの代表と言われています。

 

2社の原料を比較すると、カナガンキャットフードでは原材料の全てがヒューマングレードであり、その6割以上に平飼いの鶏肉の生肉や乾燥肉が使われ、残りの3割程度は新鮮な野菜やハーブが配合されています。

 

カナガンキャットフードに対し、サイエンスではチキンやターキーが主体となっており、他にも野菜や果物がバランスよく配合されてはいます。

 

ですが、第2原料においては小麦やトウモロコシや米など、猫にアレルギーを引き起こす恐れのある穀物や、コーングルテンやビートパルプと言ったフードのカサ増し要員となる材料が入っていることが確認できます。

 

また、サイエンスダイエットでは動物性油脂も配合されていますが、動物性油脂に必要不可欠な酸化防止剤の表記がないため、合成の酸化防止剤が使われている可能性が拭いきれないといった事実もあります。

 

その点、カナガンキャットフードでは気になる酸化防止剤に関しても、全て天然成分からできているため、安心して猫に与えることができます。

 

カナガンキャットフードとサイエンスダイエットの成分比較

 

カナガンキャットフード サイエンスダイエット
粗タンパク質 37.00%
脂質 20.00%
粗灰分 8.50%
粗繊維 1.50%
水分 7.00%
オメガ6脂肪酸 2.99%
オメガ3脂肪酸 0.82%
リン 1.40%
マグネシウム 0.09%
ナトリウム 0.36%
カルシウム 1.58%
カリウム 0.64%
粗たん白質 14%
粗脂肪 1.5%
粗繊維 0.1%
粗灰分 1.5%
水分 82%たんぱく質 30.0%以上
脂質 18.5%以上
粗繊維 2.5%以下
灰分 7.5%以下
水分 6.0%以下
カルシウム 0.40%以上
リン 0.40%以上
タウリン 0.10%以上
ビタミンE 525IU/kg以上
ビタミンC 85mg/kg以上
オメガ3脂肪酸 0.44%
オメガ6脂肪酸 3.32%

 

本来肉食動物である猫には、高たんぱく低炭水化物の食事が好ましいとされますが、サイエンスダイエットはカナガンキャットフードに比べてたんぱく質の含有量が少なく、反対に炭水化物の量がかなり多いです。

 

炭水化物の多いフードは、若く健康で運動を良くする成猫にはさほど有害ではありませんが、あまり動かない猫やシニア猫には肥満になるリスクが高くなります。

 

また、それだけでなくたとえ太っていなくても徐々に内臓脂肪が蓄積されていくケースもあるため、今は痩せてる猫であっても供与には注意が必要です。

 

その点、カナガンキャットフードでは一切穀物を配合していないため炭水化物はサイエンスダイエットの半分程度となっており、チキンから得られるタンパク質と新鮮な野菜や果物からはビタミンや繊維質、海藻類からはミネラルといった、フードの1粒1粒にぎっしり詰まった豊富な栄養素を得ることが可能です。

 

カナガンキャットフードとサイエンスダイエットのコストパフォーマンス比較

 

カナガンキャットフードの価格は、1キロあたり2640円であり、1日に60gを摂取量として毎日約158円のコスパがかかります。

 

一方のサイエンスダイエットでは、1キロあたり872円で1日あたりは52円のコスパと、カナガンキャットフードに比べ相当お安いことが分かります。

 

ですがサイエンスダイエットは原材料にカサ増し効果のある小麦やトウモロコシ、コーングルテンやビートパルプが入っているため、フードに含まれる栄養素を考えると実質のコスパはカナガンキャットフードの方が良いことが分かります。

 

カナガンキャットフードとサイエンスダイエットの比較まとめ

 

カナガンとサイエンスダイエットのキャットフードを比較すると、サイエンスダイエットは猫に必要な栄養素が多い反面、不必要なものも多く含まれていることが分かりました。

 

また、サイエンスダイエットのフードに含まれた炭水化物に至っては驚異の40%近い数字となっており、これは慢性腎不全の疾患がある猫や肥満気味の猫、運動量の少ない猫やシニア猫には向いているとは決して言えない状況です。

 

その点、カナガンキャットフードでは、猫に必要な栄養素だけをギュッと詰め込んだ高たんぱく低炭水化物の穀物フリーなフードとして、サイエンスダイエットが不向きな猫にも問題なく与えることができるので飼い主としては安心です。

 

猫の健康を考えるなら、サイエンスダイエットよりも今多くの飼い主さんに選ばれているカナガンキャットフードを与えるべきですね。

 

 

 

 

 

カナガン レビュー

カナガンキャットフードを与えてみた感想

 

カナガンキャットフードを与える様になってからパクパク食べてくれる様になりました。

 

食いつきが良く、勢い良く食べてくれるので、本当に助かっています。

 

おかげさまで、パサパサだったうちの猫の毛艶も良くなり、元気を取り戻してくれました。

 

ダイエットにも成功でき本当にカナガンキャットフードには感謝しています。

 

カナガンキャットフードを与える事によるメリット


  • 食いつきの悪さを解消

  • 関節炎や膝蓋骨脱臼の予防

  • 毛並みや毛艶の悪さを改善できる

  • アレルギーや尿路結石の予防

  • 涙やけ対策

  • カロリー計算や食事量の調整が簡単

  • キャットフードの切り替えが不要

 

 

 

ill-badge-riyuu

カナガン キャットフード レビュー
カナガンキャットフード
の詳細や口コミ情報はこちら

ill-badge-check

カナガン レビュー 評判 食いつき
カナガンキャットフードの口コミ
評価とレビューはこちら

 

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.