ドライフードの「カナガンキャットフード」とウェットフードの「シシア」キャットフード比較

カナガン シシア 比較

カナガンキャットフードとシシアの比較

 

現在ネット通販で人気のキャットフードである「カナガンキャットフード」と「シシア」の特徴を踏まえながら、どちらが最適でおすすめなキャットフードなのか比較してみたいと思います。

 

キャットフード選びで悩んでいる飼い主さんは参考にして下さい。

 

カナガンキャットフードとシシアの原料比較

 

カナガンキャットフード シシア
乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、
鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、
ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、
ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、
マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、
海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、
アニスの実、コロハ
サーモン70%、米1.2%、ビタミンA 1325IU、ビタミンD3 110IU、
ビタミンE15mg、タウリン160mg

 

イギリス生まれのプレミアムフードの代表とも呼べるカナガンキャットフードのキャットフードは、完全肉食である猫の栄養バランスを第一に作られています。

 

主な原材料であるチキンや野菜にハーブは全て高品質なヒューマングレードであり、人工添加物など猫の健康に不必要なものは一切使われておりません。

 

また、消化不良やアレルギー源となる穀物は一切配合されておらず、小麦やトウモロコシはもちろんのこと、リスクが少ないとされる米や玄米や大麦に至るまで、完全なグレインフリー(穀物不使用)のフード作りが徹底されています。

 

一方の、イタリア発のシシアが手掛けるウェットタイプのキャットフードも、原材料は全てナチュラル100%で作られたヒューマングレードとなっています。

 

使用する肉や魚はホルモン剤の投与は一切されておらず、無添加・無着色・化学防腐剤フリーの安全なキャットフードであることが分かります。

 

シシアの代表的な「ツナ」の主な原材料には、5割に相当するツナ(スマとカツオのミックス)が使われていますが、こちらは消化が良く不飽和脂肪酸も豊富に含まれているため、心臓機能の健康維持やスムーズな代謝促進にも良い効果をもたらすことが分かっています。

 

ですがその一方で、リスクは少ないもののタイ米(穀物)が使われている点や、猫の腎臓に負担のかかる塩分量が一缶に0.7%使用されている点は、猫の年齢や体質などを考慮して購入する必要があるでしょう。

 

カナガンキャットフードとシシアの成分比較

 

カナガンキャットフード シシア
粗タンパク質 37.00%
脂質 20.00%
粗灰分 8.50%
粗繊維 1.50%
水分 7.00%
オメガ6脂肪酸 2.99%
オメガ3脂肪酸 0.82%
リン 1.40%
マグネシウム 0.09%
ナトリウム 0.36%
カルシウム 1.58%
カリウム 0.64%
粗たん白質 14%
粗脂肪 1.5%
粗繊維 0.1%
粗灰分 1.5%
水分 82%

 

シシアのキャットフードは、水分を含んだウェットフードですので、食事から水分補給ができたり消化に良いと言ったメリットがあります。

 

ツナ缶に含まれているツナ(スマやカツオ)は、猫の健康に必要なビタミンやミネラルが豊富で、魚に含まれるDHAやEPAと言った不飽和脂肪酸は、体の組織を発達させるなど猫の成長をサポートしてくれる働きがあります。

 

一方のカナガンキャットフードでも、繊維質が豊富なサツマイモの配合により、消化に弱い猫の腸内環境を整えてくれるだけでなく、ビタミンCやBを摂取することができるため、猫の健康や成長に必要な免疫力アップや抗酸化作用などの効果を得ることができます。

 

とはいえ、肉食動物の猫にとって重要な栄養分である粗たんぱく質は、カナガンキャットフードがシシアの約3倍となる37%を含有しており、やはり原材料のチキンが6割以上を占めるカナガンキャットフードの栄養素の高さには目を見張るものがあります。

 

カナガンキャットフードとシシアのコストパフォーマンス比較

 

シシアの一般的な缶づめは1缶85g入っており、猫の大きさにもよりますが、1日1缶から2缶の供与が目安となっています。

 

1缶の価格は250円から300円と少々お高めですので、ドライフードと兼用しながら供与する家庭も多いようです。

 

一方、カナガンキャットフードの価格は、公式サイトによると1キロあたり2640円、1日に60gとして毎日約158円となっており、シシアと比べるとコスパはかなり良いことが分かります。

 

カナガンキャットフードとシシアの比較まとめ

 

上記の点から、どちらもヒューマングレードや無添加にこだわった、品質の高いプレミアムキャットフードであることは分かります。

 

がしかし、消化不良や腎臓疾患の多い猫にとって、シシアの缶づめに含まれる米や塩分量は少し気になる点でもあります。

 

猫が若く健康な内は問題ないですが、疾患を抱えていたり幼猫やシニア猫の場合には、不安材料の無いカナガンキャットフードのフードがおすすめとなっています。

 

多くの飼い主が今選んでいるカナガンキャットフードキャットフードをあなたも選んでみませんか?

 

カナガンキャットフード

 

カナガン レビュー

カナガンキャットフードを与えてみた感想

 

カナガンキャットフードを与える様になってからパクパク食べてくれる様になりました。

 

食いつきが良く、勢い良く食べてくれるので、本当に助かっています。

 

おかげさまで、パサパサだったうちの猫の毛艶も良くなり、元気を取り戻してくれました。

 

ダイエットにも成功でき本当にカナガンキャットフードには感謝しています。

 

カナガンキャットフードを与える事によるメリット


  • 食いつきの悪さを解消

  • 関節炎や膝蓋骨脱臼の予防

  • 毛並みや毛艶の悪さを改善できる

  • アレルギーや尿路結石の予防

  • 涙やけ対策

  • カロリー計算や食事量の調整が簡単

  • キャットフードの切り替えが不要

 

 

 

ill-badge-riyuu

カナガン キャットフード レビュー
カナガンキャットフード
の詳細や口コミ情報はこちら

ill-badge-check

カナガン レビュー 評判 食いつき
カナガンキャットフードの口コミ
評価とレビューはこちら

 

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.