キャットフードの比較「カナガンキャットフード」と「ナチュラルチョイス」はどちらがおすすめ?

カナガン ナチュラルチョイス 比較

カナガンキャットフードとナチュラルチョイスの比較

 

現在ネット通販で人気のキャットフードである「カナガンキャットフード」と「ナチュラルチョイス」の特徴を踏まえながら、どちらが最適でおすすめなキャットフードなのか比較してみたいと思います。

キャットフード選びで悩んでいる飼い主さんは参考にして下さい。

 

カナガンキャットフードとナチュラルチョイスの原料比較

 

カナガンキャットフード フィーラインナチュラル
乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、
鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、
ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、
ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、
マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、
海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、
アニスの実、コロハ
チキン生肉、乾燥チキン、粗挽き米、エンドウタンパク、
玄米、鶏脂*、アルファルファミール、ポテトタンパク、
ビートパルプ、亜麻仁、タンパク加水分解物、オーツ麦繊維、
大豆油*、ユッカ抽出物、ビタミン類(A、B1、B2、B6、
B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、
ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、
セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、
アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、
酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、
緑茶抽出物、スペアミント抽出物

 

アメリカのペットフード会社ニュートロで製造されているナチュラルチョイスのアダルトチキンは、自然素材をモットーに猫の嗜好性にもこだわって作られたキャットフードです。

 

原材料は、平飼いで飼育されていた鶏の生肉や乾燥チキン、エンドウやジャガイモなど厳選された食材が使われており、気になる動物性油脂に関しても自然由来の酸化防止剤(ミックストコフェロール)で保存されているなど、安心して猫に与えることができます。

 

とはいえ、第3原材料以降に記載されている粗挽き米や玄米は、消化不良をおこしたりアレルギー源となるリスクがあったり、ビートパルプの配合に関しても、こちらは砂糖大根の絞りカスですので、フードのカサ増しの役目はあっても残念ながら栄養価はほとんどありません。

 

その点、イギリス発祥の最高級ペットフードブランドであるカナガンキャットフードでは、猫に無駄なものは何一つ入っておらず、完全なるグレインフリー(穀物不使用)と無添加に徹底したキャットフードが作られています。

 

原材料の6割以上にヒューマングレードである新鮮なチキンと乾燥チキンが使われており、安心の国際規格のクラスAを取得した製造工場で作られています。

 

カナガンキャットフードとナチュラルチョイスの成分比較

 

カナガンキャットフード ナチュラルチョイス
粗タンパク質 37.00%
脂質 20.00%
粗灰分 8.50%
粗繊維 1.50%
水分 7.00%
オメガ6脂肪酸 2.99%
オメガ3脂肪酸 0.82%
リン 1.40%
マグネシウム 0.09%
ナトリウム 0.36%
カルシウム 1.58%
カリウム 0.64%
タンパク質 33.0% 以上
脂質 14.0% 以上
粗繊維 7.0% 以下
灰分 10.5% 以下
水分 10.0% 以下
カルシウム 0.9% 以上
リン 0.5% 以上
リノール酸 4.0% 以上
亜鉛 300mg/kg 以上
ビタミンE 250IU/kg 以上
タウリン 0.18% 以上
マグネシウム 0.1% 以下
ビタミンC 50mg/kg 以上
代謝エネルギー 365kcal/100g

 

2社とも主な原材料にチキンが使われているため、猫に必要な良質な動物性たんぱく質を豊富に確保することができます。

 

また、マグネシウムの含有量も両社とも0.1%以下となっており、腎臓疾患の多い猫の体質に考慮された配合となっています。

 

ナチュラルチョイスでは、独自の抗酸化成分の配合により免疫力の低下を防止したり、美しい皮膚や毛並みを維持するためにリノール酸を豊富に含む鶏脂や亜鉛をバランス良く配合するなどの配慮にも注目です。

 

とはいえ、本来肉食動物である猫にとっては、何と言っても良質な動物性たんぱく質の多いフードが必要不可欠です。

 

その点、原材料の6割ほどにチキンが使われているカナガンキャットフードでは、ナチュラルチョイスより4%ほど多い37%の高タンパク質が摂れます。

 

また、カナガンキャットフードは関節サポートの役割のあるコンドロイチンやグルコサミンの配合、野菜やハーブからはビタミンやミネラルを得られるなど、トータル的にみても納得のいく優良フードと言えます。

 

カナガンキャットフードとナチュラルチョイスのコストパフォーマンス比較

 

カナガンキャットフードの価格は、公式サイトによると1キロあたり2640円であり、1日に60gを摂取量として毎日約158円のコスパがかかります。

 

一方、ナチュラルチョイスでは、1キロあたり1620円、1日のコスパは97円とカナガンキャットフードに比べるとかなり格安と言えます。

 

しかし、カナガンキャットフードでは、カサ増し用に使われる穀物やビートパルプなどは一切使用していないため、総合的には優れたコスパと言えます。

 

カナガンキャットフードとナチュラルチョイスの比較まとめ

 

2社とも猫の健康を考えた優れたキャットフードではあるものの、ナチュラルバランスでは米や玄米、ビートパルプの使用が気になる点と言えます。

 

もちろん、米や玄米はトウモロコシや小麦などに比べるとアレルギーリスクは低いですが、これらは炭水化物を多く含むため、猫にとっては消化不良を起こす原因にもなるのです。

 

また、ビートパルプの配合に関しても、繊維質の役割は既にオーツ麦が果たしているため、やはりカサ増しのイメージは拭いきれないといった状況です。

 

その点、カナガンキャットフードでは、完全なるグレインフリーとヒューマングレードを徹底しているため、幼猫から肥満が気になるシニア猫、穀物アレルギーを持つ猫にも安心して与えることができます。

 

カナガンキャットフード

 

カナガン レビュー

カナガンキャットフードを与えてみた感想

 

カナガンキャットフードを与える様になってからパクパク食べてくれる様になりました。

 

食いつきが良く、勢い良く食べてくれるので、本当に助かっています。

 

おかげさまで、パサパサだったうちの猫の毛艶も良くなり、元気を取り戻してくれました。

 

ダイエットにも成功でき本当にカナガンキャットフードには感謝しています。

 

カナガンキャットフードを与える事によるメリット


  • 食いつきの悪さを解消

  • 関節炎や膝蓋骨脱臼の予防

  • 毛並みや毛艶の悪さを改善できる

  • アレルギーや尿路結石の予防

  • 涙やけ対策

  • カロリー計算や食事量の調整が簡単

  • キャットフードの切り替えが不要

 

 

 

ill-badge-riyuu

カナガン キャットフード レビュー
カナガンキャットフード
の詳細や口コミ情報はこちら

ill-badge-check

カナガン レビュー 評判 食いつき
カナガンキャットフードの口コミ
評価とレビューはこちら

 

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.