カナガンキャットフードとナチュラルバランスはどちらがおすすめ?キャットフード比較

カナガン ナチュラルバランス 比較

カナガンキャットフードとナチュラルバランスの比較

 

現在ネット通販で人気のキャットフードである「カナガンキャットフード」と「ナチュラルバランス」の特徴を踏まえながら、どちらが最適でおすすめなキャットフードなのか比較してみたいと思います。

 

キャットフード選びで悩んでいる飼い主さんは参考にして下さい。

 

カナガンキャットフードとナチュラルバランスの原料比較

 

カナガンキャットフード ナチュラルバランス
乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ チキンミール(乾燥肉)・新鮮な鶏肉・玄米・ダックミール(乾燥肉)
・大麦・オートミール・鶏脂肪(天然混合トコフェロール酸化防止)
・ポテト・ニンジン・ラムミール(乾燥肉)・サーモンミール
・キャノーラオイル・自然風味・ドライエッグ・ビールイースト
・亜麻仁・塩化カリウム・塩化コリン・タウリン・ほうれん草・パセリフレーク・クランベリー・リジン・L-カルニチン・ユッカ・ケルプ・亜鉛蛋白・ビタミンE・ナイアシン・マンガン蛋白・銅蛋白・硫酸亜鉛・硫酸マンガン・硫酸銅・一硝酸チアミン(ビタミンB1)・ビタミンA・ビオチン・ヨウ化カリウム・D-カルシウムパントテン酸塩・リボフラビン(ビタミンB2)・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ビタミンB12・硫酸マンガン・ビタミンD・葉酸(ビタミンB)

 

イギリスで販売されているキャットフードの中でも最高級と称されるカナガンキャットフードは、人間が食べても安心な高品質で新鮮な食材が原料となっています。

 

カナガンキャットフードのキャットフードには、乾燥チキンと骨抜きチキンの生肉が原材料の6割以上に使われています。

 

更に、猫に有害とされる人工添加物や、カサ増し用に使われる小麦やトウモロコシなどの穀物は一切配合されていないと言った徹底ぶりが伺えるフードです。

 

一方、アメリカの栄養学博士らによって研究開発されたナチュラルバランスは、「肉食獣のため」をモットーに作られた無添加のキャットフードです。

 

アメリカの農務省で承認された安全なものだけが使われるなど、品質にこだわった原材料だけで作られています。

 

主な原料は鶏肉をベースにダックやラムなどの複数の肉が使われていますが、危険な肉の副産物(得体の知れない肉)は一切使用されていないため、安心して与えることができます。

 

しかし、一つ気になる点として、猫にとって不必要とも言われる玄米や大麦などの穀物が配合されていることが挙げられます。

 

これらは、同じ穀物でも小麦やトウモロコシのように消化不良やアレルギーリスクが高い訳ではありませんが、尿路疾患のある猫には不向きな原料となっています。

 

カナガンキャットフードとナチュラルバランスの成分比較

 

カナガンキャットフード ナチュラルバランス
粗タンパク質 37.00%
脂質 20.00%
粗灰分 8.50%
粗繊維 1.50%
水分 7.00%
オメガ6脂肪酸 2.99%
オメガ3脂肪酸 0.82%
リン 1.40%
マグネシウム 0.09%
ナトリウム 0.36%
カルシウム 1.58%
カリウム 0.64%
粗蛋白質 34.0%以上
カルシウム 1.99%
粗脂肪 18.0%以上
リン 1.46%
粗繊維質 3.0%以下
オメガ3 0.5%
オメガ6 3.0%
水分 10%以下
カリウム 5.6mg
マグネシウム 0.1%
尿中pH 6.2~6.4
タウリン 0.16%
カロリー 372kcl/100g
ナトリウム 0.3%
可消化エネルギー 90.0%

 

カナガンキャットフードは専門家の分析をもとに、高たんぱく質と低炭水化物を実現したキャットフードです。

 

原材料の6割を超える鶏肉からは動物性たんぱく質やビタミン、免疫力を高めるセレンや筋肉を作るリンなどを摂取でき、サツマイモやジャガイモ、ニンジンなどの野菜からはビタミンやミネラルを得ることができます。

 

また、ミネラルを豊富に含んだ栄養価の高い海藻は、甲状腺を補助し代謝を安定してくれるなどヨウ素の働きが期待できます。

 

更に、クランベリーからは尿路結石予防に良いとされるビタミンCやキナ酸を摂取することができます。

 

一方の、ナチュラルバランスもチキンがベースだけあって、カナガンキャットフードの37%には及ばないものの、それでも34%以上の高タンパク質が得られることが分かっています。

 

猫に健康維持に必要な脂肪や繊維質に関してもカナガンキャットフード同様適度に配合されており、他の成分のバランスにも優れていることが伺えます。

 

しかし、ナチュラルバランスのフードに含まれるマグネシウム値に関しては、一般的に妥当だとされる0.09%から比較すると、0.14%と少し高いことが挙げられます。

 

マグネシウムの値が妥当値より高いと尿がアルカリ性へと傾き、尿路疾患になるリスクを高めてしまうリスクがあるので、与えすぎには気を付ける必要があります。

 

カナガンキャットフードとナチュラルバランスのコストパフォーマンス比較

 

カナガンキャットフードの価格は、公式サイトによると1キロあたり2640円であり、1日に60gを摂取量として毎日約158円のコスパがかかります。

 

一方、ナチュラルバランスの価格は、1キロあたり1615円と、1日60gあたりのコスパは97円となっています。

 

2社を比較した際、ナチュラルバランスの方がコスパが良いと感じますが、カナガンキャットフードにはカサ増し効果とされる穀物は一切入っていないため、原材料と金額を考慮した上でのコスパはカナガンキャットフードの方が勝っていることが分かります。

 

特に、カナガンキャットフードは一日の給餌量が他のキャットフードに比べ少なく済ませる事ができる特徴があるので、全体的なコスト面で考えるとカナガンキャットフードが有利に働く場合も多いです。

 

カナガンキャットフードとナチュラルバランスの比較まとめ

 

カナガンキャットフードとナチュラルバランスを比較すると、カナガンキャットフードは子猫からシニア猫まで全ライフステージに対応しているキャットフードなので、ころころフートを変える必要がなくおすすめです。

 

ナチュラルバランスの場合は、玄米やオートミール等穀物が含まれる為、食物アレルギーがある猫には与えられません。

 

また、現在アレルギー症状がなくてもナチュラルバランスを与え続ける事で、発症する恐れもあります。

 

幼猫の内からしっかり健康管理をしたい、今は健康でも過去に泌尿器系の病気になったことがある猫の場合は、カナガンキャットフードの給餌を強くおすすめします。

 

カナガンキャットフード

 

カナガン レビュー

カナガンキャットフードを与えてみた感想

 

カナガンキャットフードを与える様になってからパクパク食べてくれる様になりました。

 

食いつきが良く、勢い良く食べてくれるので、本当に助かっています。

 

おかげさまで、パサパサだったうちの猫の毛艶も良くなり、元気を取り戻してくれました。

 

ダイエットにも成功でき本当にカナガンキャットフードには感謝しています。

 

カナガンキャットフードを与える事によるメリット


  • 食いつきの悪さを解消

  • 関節炎や膝蓋骨脱臼の予防

  • 毛並みや毛艶の悪さを改善できる

  • アレルギーや尿路結石の予防

  • 涙やけ対策

  • カロリー計算や食事量の調整が簡単

  • キャットフードの切り替えが不要

 

 

 

ill-badge-riyuu

カナガン キャットフード レビュー
カナガンキャットフード
の詳細や口コミ情報はこちら

ill-badge-check

カナガン レビュー 評判 食いつき
カナガンキャットフードの口コミ
評価とレビューはこちら

 

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.