カナガンキャットフードとフィーラインナチュラルのキャットフードを比較!!

カナガン フィーラインナチュラル 比較

カナガンキャットフードとフィーラインナチュラルの比較

 

現在ネット通販で人気のキャットフードである「カナガンキャットフード」と「フィーラインナチュラル」の特徴を踏まえながら、どちらが最適でおすすめなキャットフードなのか比較してみたいと思います。

 

キャットフード選びで悩んでいる飼い主さんは参考にして下さい。

 

カナガンキャットフードとフィーラインナチュラルの原料比較

 

カナガンキャットフード フィーラインナチュラル
乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、
鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、
ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、
ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、
マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、
海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、
アニスの実、コロハ
鶏肉(人間食用の家禽から生産される)、心臓(子羊)、
腎臓(子羊)、肝臓(子羊)、血(子羊)、
フラックスシードフレーク、ニュージーランド緑イ貝、
乾燥昆布、ビタミンE、プロティネイト亜鉛、キャノーラ油、
プロティネイトマンガン、ビタミンB1、ビタミンD3、葉酸

 

ニュージーランド発祥のフィーラインナチュラルは、厳選されたヒューマングレードの素材のみで作られたプレミアムキャットフードです。

 

主な原材料は、人間用のラムやチキン、子羊の筋肉組織や新鮮な内臓に腎臓、肝臓や血など、食材をあますことなく摂り入れたいとする「一物全体食」の考えのもと、本来肉食動物の猫にふさわしい動物性原材料を9割以上使った贅沢なフードとなっています。

 

一方、イギリス生まれのカナガンキャットフードも原材料の6割以上に高品質なチキンを配合し、残りの3割は新鮮な野菜やハーブを使うなど、これまたヒューマングレードにこだわった最高級のキャットフードです。

 

2社とも子猫からシニア猫まで全ステージに対応しており、猫に不使用とされる穀物や有害とされる人工添加物やサプリは一切入っていないなど、その品質管理の徹底ぶりには共通したところがあります。

 

ですが、素材に使われる動物性原材料の比率やフードの状態には明らかな違いが見られます。

 

フィーラインナチュラルは、水やぬるま湯でふやかすタイプのフリーズドライ製法で作られたフードとなっており、カナガンキャットフードのドライフードのようにそのまま供与することはできません。

 

これは幼猫やシニア猫には柔らかくて食べやすいと言ったメリットがある反面、供与時に多少の手間がかかることや、地震などでライフラインが止まった時のことを考えると、場合によってはデメリットにもなりえます。

 

カナガンキャットフードとフィーラインナチュラルの成分比較

 

カナガンキャットフード フィーラインナチュラル
粗タンパク質 37.00%
脂質 20.00%
粗灰分 8.50%
粗繊維 1.50%
水分 7.00%
オメガ6脂肪酸 2.99%
オメガ3脂肪酸 0.82%
リン 1.40%
マグネシウム 0.09%
ナトリウム 0.36%
カルシウム 1.58%
カリウム 0.64%
タンパク質 36.0%以上
脂質 23.0%以上
粗繊維 0.3%以下
粗灰分 8.0%以下
100g中のカロリー 355.0kcal
水分 8.0%以下
マグネシウム 0.1%以下
リン 1.3%以下
タウリン 0.2%以上

 

フィーラインナチュラルでは、野生のヤマネコの食事をもとにフードが作られているため、原材料には野菜や果物は一切入っておらず、猫に必要なビタミンやミネラル、アミノ酸と言った栄養素は動物性原材料から摂取するようにできています。

 

一方で、カナガンキャットフードではチキンの生肉や乾燥肉を6割以上しながらも、野菜や果物に含まれる繊維質や、ミネラルを豊富に含む海藻を配合することにより、猫の健康に必要な栄養素をバランス良く摂取できるフードとなっています。

 

この、「猫に野菜や果物は必要かどうか」に関してですが、本来肉食である猫には肉以外の栄養素はいらないといった声もありますが、野菜や果物に含まれる成分が、猫に多い腎臓疾患や尿路結石予防にも大いに役立つことも分かっています。

 

カナガンキャットフードとフィーラインナチュラルのコストパフォーマンス比較

 

カナガンキャットフードの価格は、公式サイトによると1キロあたり2640円であり、1日に60gを摂取量として毎日約158円のコスパがかかります。

 

フィーラインナチュラルでは、水を加えた場合の1キロあたりは4492円、1日に60gを摂取量として269円のコスパとなり、カナガンキャットフードに比べると割高となります。

 

ちなみに、カナガンキャットフードでは定期契約にすると最大20%オフになるなど、購入の仕方によっては更にお得になります。

 

カナガンキャットフードとフィーラインナチュラルの比較まとめ

 

こだわりの原材料や成分、徹底された品質管理や安心安全な製造過程など、カナガンキャットフードとフィーラインナチュラルはどれをとっても最上ランクのキャットフードであると言えるでしょう。

 

とはいえ、コスパ面や供与時の手間に関してはカナガンキャットフードが大きく一歩リードしており、良質なフードをお財布にも優しい価格で得ることができます。

 

また、フィーラインナチュラルでは使用されない野菜や果物、海藻などの栄養素に関しても、成分表を見ると非常にバランスが良く配合されていることが分かります。

 

カナガンキャットフード

 

カナガン レビュー

カナガンキャットフードを与えてみた感想

 

カナガンキャットフードを与える様になってからパクパク食べてくれる様になりました。

 

食いつきが良く、勢い良く食べてくれるので、本当に助かっています。

 

おかげさまで、パサパサだったうちの猫の毛艶も良くなり、元気を取り戻してくれました。

 

ダイエットにも成功でき本当にカナガンキャットフードには感謝しています。

 

カナガンキャットフードを与える事によるメリット


  • 食いつきの悪さを解消

  • 関節炎や膝蓋骨脱臼の予防

  • 毛並みや毛艶の悪さを改善できる

  • アレルギーや尿路結石の予防

  • 涙やけ対策

  • カロリー計算や食事量の調整が簡単

  • キャットフードの切り替えが不要

 

 

 

ill-badge-riyuu

カナガン キャットフード レビュー
カナガンキャットフード
の詳細や口コミ情報はこちら

ill-badge-check

カナガン レビュー 評判 食いつき
カナガンキャットフードの口コミ
評価とレビューはこちら

 

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.