両者の差は何?モグニャンキャットフードと黒缶マグロミックスの比較

 

理想的なキャットフード

 

猫ちゃんには無添加なフードを与えたいと思っていても、一体どんなメーカーの製品が良くて、どんな材料が使われているのが良いのか比較しづらいという人も多いことでしょう。

 

猫ちゃんが若いうちは、それほどキャットフードに気遣うこともないかもしれませんが、猫ちゃんに何かあったとき、初めて与えていたフードに目を向けてみるものです。

 

自由な野生の猫と比較して、お部屋の中で飼っていると、飼い主さんが与えてくれるキャットフードを食べるしかありません。

 

飼い主から出されたフードが総合栄養食でなかったら、猫ちゃんは病気になることもあります。

 

栄養が偏った食事をしていると、病気になってしまうのは人間も同じです。

 

人間が食べても安全なほど安心なキャットフードこそ、猫ちゃんにとって理想的な食事といえます。

 

多くのキャットフードの中でも、原材料に安心できそうなのが、モグニャンキャットフードと黒缶マグロミックスです。

 

プレミアムフードのモグニャンキャットフードと、黒缶マグロミックスを比較すると、どんな違いがあるのでしょうか。

 

モグニャンキャットフードと黒缶マグロミックスについて、その特徴やポイントなどを比較しました。

 

猫の餌におすすめなキャットフードランキングBEST3はこちら

 

 

黒缶マグロミックスはたまのごちそう

 

世の中にはさまざまなキャットフードが販売されていますが、中でも一般食と比較して総合栄養食とされる、その食事と水のみで栄養バランスがとれるフードが、猫ちゃんの日常的な食事として理想的とされています。

 

ドライとウェットのフードがありますが、黒缶マグロミックスのようなウェットタイプのほうが、モグニャンキャットフードのようなドライタイプと比較すると猫ちゃんの嗜好性が高く、単価も高くなります。

 

しかし、黒缶マグロミックスのようなウェットタイプは、モグニャンキャットフードのようなドライタイプに比較して多くの水分が含まれているのと、商品によっては栄養過多になってしまうこともあるため、

 

基本的にはモグニャンキャットフードのようなドライタイプのフードを与えるのが理想的とされています。

 

また、ウェットタイプのみあげていると、ドライタイプの食事を嫌がる傾向にありますので、普段はドライタイプを与えておいて、たまにウェットタイプを与える人が多いのです。

 

猫の餌におすすめなキャットフードランキングBEST3はこちら

 

 

シンプルな材料の黒缶マグロミックス

 

市販されているウェットタイプのキャットフードの中でも、黒缶マグロミックスは人間用の食品を販売しているマルハニチロのグループ会社であるアイシアが販売しており、他のウェットタイプと比較しても飼い主さんからの評価も高いです。

 

黒缶マグロミックスの原材料名は、魚介類が主となっており、中でもマグロとカツオがふんだんに含まれています。

 

粗たんぱく質が13.9パーセント以上で、いかにお魚がふんだんに含まれているかがわかります。

 

カロリーも100グラムあたり80キロカロリーとなっており、それほど高カロリーではありません。

 

ミネラル類やビタミン類が気になるところですが、比較的、モグニャンキャットフードと似たようなシンプルなフードになります。

 

フィッシュエキス等と記載している点がやや不透明なため、デメリットと言えそうです。。

 

総合栄養食ですが、カロリーとたんぱく質、脂肪分や繊維質なども少な目になっています。

 

育ちざかりの若い猫ちゃんの場合、モグニャンキャットフードのような総合栄養食に比較して栄養が足りない内容にもなります。

 

魚の内臓が含まれていることもあり、評価が分かれる黒缶マグロミックスですが、

 

魚は丸ごと食べてほしいと思う飼い主さんにとっては、モグニャンキャットフードと同じようにありがたいフードです。

 

猫の餌におすすめなキャットフードランキングBEST3はこちら

 

 

プレミアムフードならモグニャンキャットフード

 

黒缶マグロミックスと比較した場合、どちらのキャットフードが猫ちゃんにとって良いのでしょう。

 

総合栄養食のほうが理想的といえますが、モグニャンキャットフードは魚を主原料として使用しているため、黒缶マグロミックスにも負けず劣らず、猫ちゃんが喜んで食べます。

 

白身魚をおよそ7割以上も使用しており、ドライフードなのにグレインフリーという点も優秀だといえます。

 

黒缶マグロミックスのようなウェットタイプと比較しても食いつきの良いフードなんて、なかなか見つけることができません。

 

マンナンオリゴ糖だけでなく、フラクトオリゴ糖も含まれており、比較的お腹の弱い猫ちゃんにもおすすめのフードとなっています。

 

黒缶マグロミックスのようなウェットタイプからドライフードに変えていきたいと思うなら、まずはモグニャンキャットフードを試してみると良いでしょう。

 

猫の餌におすすめなキャットフードランキングBEST3はこちら

 

 

モグニャンキャットフードと黒缶マグロミックスの価格の比較

 

値段を比較すると、黒缶マグロミックスを毎日与えている場合なら、モグニャンキャットフードに変えることで、割安になります。

黒缶マグロミックスは単価が100円前後で販売されていますが、モグニャンキャットフードは1.5キロで3.960円となります。

 

モグニャンキャットフードは定期購入やまとめ買いすることで割引されますので、継続して猫ちゃんに与える場合だと、黒缶マグロミックスと比較しても、モグニャンキャットフードのほうがお得といえそうです。

 

ウェットのフードばかりあげ続けると、下痢の原因にもなりますので、ドライフードと上手に組み合わせたり、モグニャンキャットフードを与えるようにしましょう。

 

「モグニャンキャットフード」は食いつきも良く、コンディション維持に最適なフードです

 

モグニャンキャットフードは食いつきがいいのでしっかり食べてくれますよ。

 

食いつきの良さの理由は原材料が白身魚メインで、風味豊かな香りが広がるので猫の食欲を刺激してくれるからですね。

 

 

フードボールに入れた瞬間に飛びつく行動にいつもビックリしています。

 

モグニャンキャットフードを与える事によるメリット

 

  • 食いつきが良い
  • コンディションの維持ができる
  • 穀物アレルギーがあっても安心

 

猫の健康維持に最適!と今売れているモグニャンキャットフードに切り替えて正解でした。

 

【PR】

モグニャンキャットフードの公式サイトはこちら

 

 

 

 

-キャットフード比較

Copyright© , 2023 AllRights Reserved.