キャットフードが無添加である必要性について

 

無添加のキャットフードを選びましょう

 

最近では猫の家族という考えが浸透して、飼い猫への健康志向も高まっています。

 

猫の体は毎日食べるもので構成されているので、キャットフード選びは猫の健康に直結しています。

 

そこで注目されてきているのが無添加キャットフードです。

 

人間が食べるものや使うもので無添加なものはありますが、キャットフードにも無添加なものはあるのでしょうか。

 

また、添加物キャットフードは猫の身体にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

 

猫の餌におすすめなキャットフードランキングBEST3はこちら

 

 

人工添加物は猫の体にも有害です

 

近年、人工添加物が人体に及ぼす影響に注目が集まっています。

 

健康志向の人の中には、人工添加物を避けるために極力無添加なものしか使用しないようにしているという人までいるのです。

 

では、猫にとっては人工添加物とはどのような影響を与えるのでしょうか。

 

人工添加物とは人間が製品や食品の質を高めるために開発した薬のようなものです。 キャットフードには着色料や香料、保存料などとして人工添加物が使用されています。

 

人の手で作り出したものなので、自然界には存在しません。

 

そのせいか、体内に入ってもうまく吸収や排出が行われず、身体に悪影響を及ぼすことがあるのです。

 

人工添加物が猫の体内に入ると、

 

  • アレルギーを引き起こす
  • 毛並みが荒れる
  • 内臓に疾患ができる
  • 口臭やふん便のにおいがきつくなる

 

などの症状が出てきます。

 

実は寿命を短くしたのがキャットフードに含まれていた人工添加物のせいであったなんてこともあり得るのです。

 

ですから、無添加もしくは人工添加物不使用のキャットフードを選ぶことはとても重要となります。 そのため、無添加の流れはキャットフードへもやってきているのです。

 

猫の餌におすすめなキャットフードランキングBEST3はこちら

 

 

これだけは避けたい人工添加物

 

キャットフードが無添加であることの重要性はわかっていただけたと思います。

 

中でも人工添加物の中には高い有毒性を持つものもありので、こういったものが含まれているキャットフードはいますぐに給餌を止めるべきです。

 

  1. エキシトシン

    抗酸化作用がとても高いのでキャットフードでは防腐剤として使用されることがありますが、これは枯葉剤や農薬にも配合されている成分で、生物には有害です。

    枯葉剤や農薬の防腐剤として使用されているだけで、エキシトシンには害がないと主張する人もいますが、人間用の食品には使用禁止されていることを考えれば、決して安心できない添加物だとわかります。

  2. ブチルヒドロキシアニソール(BHA)

    これは人間用の加工食品の一部にも使用されている酸化剤ですが、アメリカの大学の研究では発がん性があると発表された添加剤です。

    非常に高い防腐効果がありますが、何年経っても物がまったく腐らないというのは異常ではないでしょうか。

 

このように、いますぐ無添加のキャットフードへ切り替えるのが不可能な場合は、まずはこの二つの人工添加物を避けることからはじめるといいです。

 

それで実感を得たら、無添加キャットフードへの切り替えも視野に入れてください。

 

猫の餌におすすめなキャットフードランキングBEST3はこちら

 

 

添加剤を気にする人におすすめなキャットフードとは

 

とはいえ、キャットフードで完全無添加の商品はなかなかないのが現状です。

 

というのも、着色料や香料はキャットフードの添加しなくても特に問題はありませんが、保存料が入っていないと極端に賞味期限が少ない製品になってしまうからです。

 

ドライキャットフードが開封後2〜3日しかもたなかったら困ってしまいますよね。

 

ウエットフードも即食べなくては腐るようでは、コスパが悪すぎます。

 

そういった面から、完全無添加ではなく、身体に害のある人工添加物だけ排し、自然由来の添加物を使うようにしようという流れになっています。 こうした準無添加キャットフードはいろいろ販売されているので、猫にあわせていろいろ試してみるといいでしょう。

 

中でも評判がいいのがカナガンキャットフードです。

 

このキャットフードはもちろん人工添加物が完全無使用で、素材の鮮度や穀物不使用にまで配慮され製造されてます。

 

なのに食いつきが悪い猫でも食べてくれると、健康志向の高い飼い主さんからも評判が高いのです。 無添加キャットフードにこだわりたいなら、ぜひカナガンキャットフードを試してみてください。

 

また、、なぜカナガンキャットフードがおすすめできるのかもっとわかりやすい様に他人気キャットフードと比較してみましたので、参考にしてみて下さい。

 

猫に長生きしてもらう為には、安全性が高く健康的で品質の高いキャットフードを与える必要があります。

 

そこで、安全性が高く健康的で品質の高いキャットフードを探す際のポイントについて紹介します。

 

安全性が高く健康的で品質の高いキャットフードの選び方

 

安全性が高く健康的な品質の高いキャットフード選びのポイントは

安全で猫の健康維持に最適なキャットフード選びの7つのポイント

  • 発がん性物質を含まない
  • 丈夫な体を作りに必要な、「動物性たんぱく質」が豊富
  • アレルギーや、消化不良の原因になる穀物を一切含まない
  • 給餌量の調整が簡単で、ヘルシーな低炭水化物
  • 関節炎や膝蓋骨脱臼、糖尿病や尿路結石を予防できる
  • 食いつきがいい 全ライフステージ対応

 

以上が猫の健康と食の安全が考えられたキャットフード選びのポイントになります。

 

ですが、ネット通販で人気が高い

 

  • アカナ
  • サイエンスダイエット
  • ナチュラルバランス
  • ロイヤルカナン
  • アイムス

 

は、残念ながら猫の健康と食の安全を考えられたキャットフード選びに必要な条件を満たしていないです。

 

しかし、一つだけすべての条件を満たしたキャットフードがあります。

 

それが、カナガンキャットフードです。

 

 

 

今売れている安全な無添加キャットフード比較表

 

ネット通販で人気の

 

  • シンプリーキャットフード
  • オリジンキャットフード

 

とカナガンキャットフードを比較してみました。

 

ランキング 圏外
商品名 カナガン シンプリー オリジン 市販フード
安全性  
食い付きの良さ        
アレルギー対策  
ヘルシーさ  
栄養バランス  
1日あたりの値段 158円〜 158円〜 194円〜 50円〜※注1
その他 カナガン詳細ページ カナガンとシンプリーの比較 カナガンとオリジンの比較 リンクなし

 

※注1 安価なキャットフードの平均価格です。

 

 

 

 

 キャットフードの詳細な比較記事を読むにはこちら

人気無添加キャットフードとカナガンの比較

カナガン シンプリー 比較
 カナガン オリジン 比較

 

カナガン ナチュラルバランス 比較
カナガン ウェルネス 比較
カナガン アカナ 比較
カナガン アボダーム 比較
カナガン ナチュラルチョイス 比較
カナガン フィーラインナチュラル 比較
カナガン アーテミス 比較
カナガン ロータス 比較
カナガン アニモンダ 比較
カナガン シシア 比較
カナガン サイエンスダイエット 比較

 

カナガン レビュー

カナガンキャットフードを与えてみた感想

 

カナガンキャットフードを与える様になってからパクパク食べてくれる様になりました。

 

食いつきが良く、勢い良く食べてくれるので、本当に助かっています。

 

おかげさまで、パサパサだったうちの猫の毛艶も良くなり、元気を取り戻してくれました。

 

ダイエットにも成功でき本当にカナガンキャットフードには感謝しています。

 

カナガンキャットフードを与える事によるメリット


  • 食いつきの悪さを解消

  • 関節炎や膝蓋骨脱臼の予防

  • 毛並みや毛艶の悪さを改善できる

  • アレルギーや尿路結石の予防

  • 涙やけ対策

  • カロリー計算や食事量の調整が簡単

  • キャットフードの切り替えが不要

 

 

 

ill-badge-riyuu

カナガン キャットフード レビュー
カナガンキャットフード
の詳細や口コミ情報はこちら

ill-badge-check

カナガン レビュー 評判 食いつき
カナガンキャットフードの口コミ
評価とレビューはこちら

 

 

-キャットフード選びのポイント

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.