「シンプリーキャットフード」と「アカナ」のキャットフードを比較してみました!

シンプリー アカナ 比較

「シンプリーキャットフード」と「アカナ」のキャットフード比較

 

飼猫に食べさせるキャットフード選びで悩んでいませんか?

 

特に、ネット通販で人気があると噂の「シンプリーキャットフード」と「アカナ」のキャットフードの特徴を踏まえながら、どちらがおすすめできるキャットフードなのか比較してみました。

 

キャットフード選びで悩んでいる飼い主さんは是非参考にしてください。

 

ハイレベル対決!シンプリーキャットフードとアカナを原材料で比較!!

 

最高品質のキャットフードとして知られるシンプリーキャットフードとアカナ。

 

どちらも人が口にしても問題のないレベルの材料を使い、プレミアムキャットフードにこだわる人は耳にしたことがあるメーカーでしょう。

 

今回はそんなシンプリーキャットフードとアカナ(ワイルド・プレイリーキャット)を比較していきます。

 

シンプリーキャットフード アカナ
骨抜き生サーモン(31%)、さつまいも、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、
じゃがいも、サーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)、
サーモンスープ(2.3%)、ミネラル、ビタミン、アルファルファ、クランベリー、
マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、りんご、にんじん、ほうれん草、海藻、カモミール、ペパーミント、マリーゴールド、アニスの実、フェヌグリーク
新鮮骨なし鶏肉(18%)、乾燥鶏肉(17%)、乾燥七面鳥肉(9%)、
新鮮骨なし七面鳥肉(6%)、鶏肉脂肪(5%)、ヒヨコ豆、
赤レンズ豆、鶏レバー(5%)、新鮮骨なしイエローパーチ(4%)、
グリンピース、緑レンズ豆、新鮮全卵(3%)、イエローピース、
ニシン油(3%)、アルファルファ、乾燥昆布、カボチャ、
バターナッツスクワッシュ、ホウレン草、ニンジン、リンゴ、
梨、クランベリー、チコリー根、タンポポ根、カモミール、
ペパーミントリーフ、ジンジャールート、キャラウェイシード、
ターメリック、ローズヒップ、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、フリーズドライ鶏肉、フリーズドライ七面鳥肉

 

まずシンプリーキャットフードの原材料は骨抜き生サーモン、乾燥ニシン、乾燥サーモン、が配合されています。

 

原材料の半分以上がサーモンで動物性たんぱく質が豊富です。穀物が使用されていないグレインフリータイプです。

 

100gあたり約380kcalと低カロリーでシニアになっても安心して与えられます。

 

一方でアカナ(ワイルド・プレイリーキャット)は、新鮮骨なし鶏肉、乾燥鶏肉、乾燥七面鳥肉など肉の種類や状態が明確に記載されているのが高評価。

 

穀物不使用なのも安心です。

 

他にも新鮮な野菜や果物が配合されており、バランスが良いのが分かります。

 

猫の自然な食事をリアルに再現できているため、若干高カロリー。老猫には注意が必要ですが、成長期にはぴったりのフードです。

 

申し分なし!シンプリーキャットフード、アカナを成分で比較してみた

 

次に成分を比較してみましょう。

 

成分表を見る際はタンパクが豊富に含まれているか、をチェックします。

 

シンプリーキャットフード アカナ
粗タンパク質37.00%
脂質20.0%
粗灰分9.50%
粗繊維1.50%
水分7%
オメガ6脂肪酸1.33%
オメガ3脂肪酸3.89%
リン1.32%
マグネシウム0.13%
カルシウム1.89%
カリウム0.59%
エネルギー(100gあたり)/約380kcal
たんぱく質 35.0% 以上    
脂肪 20.0% 以上    
水分 10.0% 以下    
繊維 3.0% 以下    
カルシウム 1.2% 以上    
リン 1.0% 以上    
タウリン    0.2% 以上          
マグネシウム 0.1% 以上          
オメガ6    3.0% 以下
オメガ3    0.5% 以下
PH 5.5

 

シンプリーキャットフードはたんぱく質が37%、アカナは35%で全く問題はありません。

 

他のキャットフードはたんぱく質が大体25%前後が多いためどちらも非常に素晴らしい数値です。

 

たんぱく質は猫にとって必要な筋肉や血、毛並みの健康を保ち、たんぱく質不足になると、成長障害や貧血、毛艶が無くなる原因にもなります。

 

特に、新プロ−はカルシウムも豊富で低炭水化物のフードなのでダイエットにも最適です。

 

シンプリーキャットフードとアカナのキャットをコストパフォーマンスで比較

 

コストパフォーマンスはどうでしょう?

 

シンプリーキャットフードは1.5kgで3,960円、アカナ(ワイルド・プレイリーキャット)は2.27kgで5,940円です。

 

1日に50g摂取させると換算するとシンプリーキャットフードは132円、アカナは131円。

 

価格はほぼ同じで、どちらも品質にはこだわっており納得できる金額です。

 

ですが、シンプリーキャットフードは猫のどのライフステージでも与える事が出来るのが特徴です。

 

年を取った際に多く出てくる疾患対策をキャットフードで出来ることは大きなメリットであるため、総合的に見てシンプリーキャットフードがよりコストパフォーマンスに優れていると考えられます。

 

猫にとって一番良いフードである「シンプリーキャットフード」を選んであげてください

 

原材料、成分などをみるとシンプリーキャットフードとアカナは非常に良いキャットフードです。

 

どちらもファンが多いのが納得できる結果です。

 

ただ今回比較をした結果、あえて強くお勧めしたいのはシンプリーキャットフードです。

 

猫も高齢化が進んでいるため、その対策が出来ることは大きな強み。猫と一緒に健康で長生きしたいのであれば是非試してみる価値はあるでしょう!

 

シンプリーキャットフード

 

「シンプリーキャットフード」は食いつきも良く、体調がよくなるフードです

シンプリーキャットフード おすすめ 理由

 

シンプリーキャットフードは他のキャットフードに比べると、食いつきが良くしっかり食べてくれます。

 

食いつきが良いのは、メインの原材料がサーモンなので魚好きの猫にとっては、肉類よりも香りが食欲をそそるようです。

 

シンプリーキャットフードに変えてから、行動が随分活発になり食欲も取り戻してくれたので本当に良かったと思っています。

 

シンプリーキャットフードを与える事によるメリット

  • 食いつきの悪さを解消

  • 関節炎や膝蓋骨脱臼の予防

  • 毛並みや毛艶の悪さを改善できる

  • 食物アレルギー予防

  • 涙やけ対策

  • カロリー計算や食事量の調整が簡単

  • 尿路結石の改善

 

猫の健康維持に最適!と今売れているシンプリーキャットフードに切り替えて正解でした。

 

 

獣医師も推奨するシンプリーキャットフードの購入はこちら

 

 

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.