シンプリーキャットフードとアニモンダのキャットフード徹底比較!

シンプリー アニモンダ 比較

シンプリーキャットフードとアニモンダのキャットフード比較

 

キャットフード選びで悩んでいる方向けに、ネット通販で人気がある「シンプリーキャットフード」と「アニモンダ」の特徴を踏まえながら、どちらがおすすめできるキャットフードなのか比較してみました。

参考にしてください。

 

シンプリーキャットフードとアニモンダの原料比較

 

シンプリーキャットフード アニモンダ
骨抜き生サーモン(31%)、さつまいも、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、
じゃがいも、サーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)、
サーモンスープ(2.3%)、ミネラル、ビタミン、アルファルファ、クランベリー、
マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、りんご、にんじん、ほうれん草、海藻、カモミール、ペパーミント、マリーゴールド、アニスの実、フェヌグリーク

●鴨肉と七面鳥と鶏肉
シリアル(小麦胚芽入り)、肉類(鴨肉・七面鳥・鶏肉)、
鳥脂 肪、野菜蛋白抽出物、 乳製品(ヨーグルト)、卵(乾燥)、
イースト、野菜、ビタミン A、ビタミンD3、ビタミンC、
ミネラル(銅・亜鉛・セレン・ヨウ素)

●鶏肉とサーモンとエビ
シリアル(小麦胚芽入り)、肉類(鶏肉)、鳥脂肪、
魚類(サーモン)、野菜蛋白抽出物、野菜副産物、
乳製品(ヨーグルト)、甲殻類(エビ)、卵(乾燥)、
イースト、野菜、ビタミンA、ビタミンD3、 ビタミンC、
ミネラル(銅、亜鉛、セレン、ヨウ素)

●牛肉と子羊肉とウサギ
シリアル(小麦胚芽入り)、 肉類(牛肉・子羊肉・ウサギ)、
鳥脂肪、野菜蛋白抽出物、 乳製品(ヨーグルト)、卵(乾燥)、イースト、野菜、 ビタミンA 、ビタミンD3 、ビタミンC、 ミネラル(銅、亜鉛、セレン、ヨウ素)

 

動物愛護国として名高いイギリスで生まれたシンプリーキャットフードは、愛猫が「20年間元気でいること」を目標に作られたプレミアムキャットフードです。

 

主な原材料は、良質なサーモンの生肉や乾燥肉が使われており、不必要な添加物や不要な脂肪分は一切入っていないため、高品質で低カロリーなフードでグレインフリータイプのキャットフードです。

 

一方、ドイツ最大のペットフード会社であるアニモンダも、厳しい安全基準を満たした原材料を使用したプレミアムフードを手掛けています。

 

とはいえ、アニモンダのドライフードに使われている肉類や魚類は、全てヒューマングレードの高品質な食材にも関わらず実際はシリアルが主原料です。

 

そのシリアルも小麦とトウモロコシなどからできているため、本来消化が苦手な猫には不向きであることが分かります。

 

また、アニモンダにはイーストが含まれていますが、こちらは消化器官が膨らみ、ガスが発生するなどのデメリットも気になるところです。

 

シンプリーキャットフードとアニモンダの成分比較

 

シンプリーキャットフード アニモンダ
粗タンパク質37.00%
脂質20.0%
粗灰分9.50%
粗繊維1.50%
水分7%
オメガ6脂肪酸1.33%
オメガ3脂肪酸3.89%
リン1.32%
マグネシウム0.13%
カルシウム1.89%
カリウム0.59%
エネルギー(100gあたり)/約380kcal
粗タンパク質 12.0%
粗脂肪 1.5%
粗繊維 6.5%
粗灰分 9.0%
水分 1.2%
カルシウム 1.0%
リン 0.08%
マグネシウム 32.0%
タウリン 1.2g /kg
代謝エネルギー(ME) 374kcal/100g

 

サーモンが主原料であるシンプリーキャットフードのキャットフードは、魚油に含まれるDHAやEPAと言ったオメガ3脂肪酸が多く含まれており、血液をサラサラにしてくれたり悪玉コレステロールを減らすなどの効果が期待できます。

 

また、自然由来成分であるクランベリーに含まれるキナ酸には、猫に多い病気でもある尿路結石の原因となる尿のph値を安定させる働きがあります。

 

その為、シンプリーキャットフードのフードは腎臓疾患のある猫にも安心して与えることができます。

 

一方、アニモンダのキャットフードも、着色料や保存料に香料、遺伝子組み換え食品などは使われておらず、基本的には人間が食しても大丈夫とされる良質な素材が配合されています。

 

主原料の小麦胚芽入りのシリアルは、消化不良や穀物アレルギーのリスクを除けばビタミンEが豊富に含まれているなどのメリットもあり、血流を良くしたり骨や筋肉の成長を促す効果が得られます。

 

がしかし、猫はビタミンEを摂りすぎると、下痢や発熱、アレルギーを引き起こしやすくなることも分かっているため、摂取量には充分な注意が必要です。

 

また、主原料のサーモンから摂れるアミノ酸が豊富な動物性のたんぱく質の割合が多いシンプリーキャットフードの方が、より猫の健康に効果的であると言えます。

 

シンプリーキャットフードとアニモンダのコストパフォーマンス比較

 

シンプリーキャットフードの価格は、公式サイトによると1キロあたり2640円であり、1日に60gを摂取量として毎日約158円のコスパがかかります。

 

アニモンダでは、1キロあたり1584円、1日に60gを摂取量として毎日95円と、シンプリーキャットフードに比べると安いコスパではありますが、カサ増し用途の多い穀物の割合が多いことを考えると、妥当な金額設定であることが分かります。

 

また、シンプリーキャットフードでは、定期購入にすると10〜20%お得に購入できるシステムがあり、いつでもキャンセルや再開ができると言ったメリットもあります。

 

シンプリーキャットフードとアニモンダの比較まとめ

 

2社のキャットフードを比較すると、主原料が50%以上の割合を占めるサーモンを使用しているシンプリーキャットフードに対し、アニモンダは使われている肉などの品質は良いものの、主原料に穀物(小麦胚芽入りシリアル)が使われていることが分かりました。

 

2社とも猫にとって有害である人工添加物などは使われていないところは同じですが、魚主体のシンプリーキャットフードに比べて主原料が穀物のアニモンダでは、アニモンダの方が動物性たんぱく質が少ないことが挙げられます。

 

本来肉食動物である猫は、植物性たんぱく質より動物性たんぱく質の方が、より効率良く吸収・消化できるます。

 

その為、軟便や下痢の症状を抱えていたりシニア猫にはなるたけ動物性たんぱく質の多いフードにすることをおすすめします。

 

シンプリーキャットフード

 

「シンプリーキャットフード」は食いつきも良く、体調がよくなるフードです

シンプリーキャットフード おすすめ 理由

 

シンプリーキャットフードは他のキャットフードに比べると、食いつきが良くしっかり食べてくれます。

 

食いつきが良いのは、メインの原材料がサーモンなので魚好きの猫にとっては、肉類よりも香りが食欲をそそるようです。

 

シンプリーキャットフードに変えてから、行動が随分活発になり食欲も取り戻してくれたので本当に良かったと思っています。

 

シンプリーキャットフードを与える事によるメリット

  • 食いつきの悪さを解消

  • 関節炎や膝蓋骨脱臼の予防

  • 毛並みや毛艶の悪さを改善できる

  • 食物アレルギー予防

  • 涙やけ対策

  • カロリー計算や食事量の調整が簡単

  • 尿路結石の改善

 

猫の健康維持に最適!と今売れているシンプリーキャットフードに切り替えて正解でした。

 

 

獣医師も推奨するシンプリーキャットフードの購入はこちら

 

 

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.