「シンプリーキャットフード」と「ウェルネス」のキャットフードを比較してみました

シンプリー ウェルネス 比較

シンプリーキャットフードとウェルネスのキャットフード比較

 

キャットフード選びで悩んでいる方向けに、ネット通販で人気がある「シンプリーキャットフード」と「ウェルネス」の特徴を踏まえながら、どちらがおすすめできるキャットフードなのか比較してみました。

参考にしてください。

 

似てるようで似てない?シンプリーキャットフードとウェルネス原材料比較

 

良質なキャットフードを見抜き方として主原料が穀物ではなく肉や魚であるものを選ぶ方法があります。

 

猫にも好みはあり食い付きに差があることもありますが、基本的に肉でも魚でも動物性たんぱく質が豊富であるため猫にとって嬉しい主原料です。

 

シンプリーキャットフードとウェルネス(成猫用サーモン)を比較してみます。

 

シンプリーキャットフード ウェルネス
骨抜き生サーモン(31%)、さつまいも、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、
じゃがいも、サーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)、
サーモンスープ(2.3%)、ミネラル、ビタミン、アルファルファ、クランベリー、
マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、りんご、にんじん、ほうれん草、海藻、カモミール、ペパーミント、マリーゴールド、アニスの実、フェヌグリーク

 サーモン、サーモンミール、白身魚ミール、
白米、粗挽き大麦、粗挽き白米、
鶏脂(ミックストコフェロールで酸化防止)、
骨抜き七面鳥、フィッシュエキス、トマトポマス、
クランベリー、チコリ根抽出物、粗挽き亜麻仁、
クランベリー抽出パウダー、クランベリー繊維、
乾燥こんぶ、ラクトバチルス・プランタルム
エンテロコッカス・フェシウム、ラクトバチルス・カゼイ
ラクトバチルス・アシドフィラス
ユッカ抽出物、L-カルニチン、グルコサミン塩酸塩、
コンドロイチン硫酸、
ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、ベータカロテン、A、B1
パントテン酸、B6、B2、D3、ビオチン、B12、葉酸、C)、
ミネラル類(塩化カリウム、亜鉛タンパク化合物、
硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、鉄タンパク化合物、
硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、
硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、
緑茶抽出物、スペアミント抽出物)乳酸菌

 

まずシンプリーキャットフードは、乾燥サーモンと生のサーモン、乾燥ニシンが含まれています。

 

一方ウェルネス(成猫用サーモン)はサーモンとサーモンミール、白身魚ミール、白米や粗びき大麦などが含まれています。

 

どちらも多くのサーモンが配合されていますが、ウェルネスにはサーモンミールが含まれているのが少々マイナスです。

 

絶対に悪い品質、とは言えませんが、肉骨粉の中には人が口にできないような低品質な肉が含まれている可能性がゼロではないからです。

 

「○○ミール」は注意が必要です。

 

シンプリーキャットフードとウェルネスの成分もチェック

 

次に成分を比較したいと思います。成分分析表からはそのキャットフードに何の栄養素がどれくらい含まれているのかを確認することができます。

 

シンプリーキャットフード ウェルネス
粗タンパク質37.00%
脂質20.0%
粗灰分9.50%
粗繊維1.50%
水分7%
オメガ6脂肪酸1.33%
オメガ3脂肪酸3.89%
リン1.32%
マグネシウム0.13%
カルシウム1.89%
カリウム0.59%
エネルギー(100gあたり)/約380kcal
粗たんぱく質 36.0%以上
粗脂肪 17.0%以上
粗繊維 3.0%以下
粗灰分 7.0%以下
水分 11.0%以下
マグネシウム 0.08%以上、0.12%以下
ビタミンA 5000IU/kg以上
ビタミンE 300IU/kg以上
タウリン 0.2%以上
オメガ-6脂肪酸 2.8%以上
オメガ-3脂肪酸 1.25%以上
グルコサミン 250mg/kg以上
コンドロイチン硫酸 200mg/kg以上
総乳酸菌数 1.7×105CFU/g以上
ラクトバチルス・プランタルム、
エンテロコッカス・フェシウム、
ラクトバチルス・カゼイ、
ラクトバチルス・アシドフィラス

 

大切なのはたんぱく質の比率。大体30%以上含まれていれば高たんぱくで良質なフードである目安になります。

 

シンプリーキャットフードは約37%、ウェルネスは約36%以上含まれているのでどちらも高評価。

 

ただしこのたんぱく質の内容は原材料に書かれているサーモンになるため、品質の良い動物性たんぱく質が含まれているシンプリーキャットフードの方が良いと判断できます。

 

コストパフォーマンスでの「シンプリーキャットフード」と「ウェルネス」の比較

 

価格を含めたコストパフォーマンスはどうでしょう。

 

まずシンプリーキャットフードは1.5kgで3,960円で購入でき、1日に50g与えると計算すると132円かかります。

 

ウェルネス(成猫用サーモン)は900gで2,160円、50gで換算すると120円です。

 

値段は若干ウェルネスが安いですが、この金額の差であればより安心できるシンプリーキャットフードを買うべきでしょう。

 

原材料にこだわった結果この金額の差が出たと考えれば納得できます。

 

猫の健康を願うなら品質を重要視して「シンプリーキャットフード」を選びましょう

 

猫が健康で長生きするためには、毎日口にするキャットフードの品質を重要視することが大切です。

 

またキャットフードで健康ケアが出来れば尚良いですよね。

 

ウェスネスも他の安価なキャットフードと比較するととても良いキャットフードです。

 

しかし総合的に比較してみると満足度の高い高品質なキャットフードはシンプリーキャットフードでしょう。

 

あなたがもしフード選びに迷っているのであれば一度試してみることをお勧めします!

 

シンプリーキャットフード

 

「シンプリーキャットフード」は食いつきも良く、体調がよくなるフードです

シンプリーキャットフード おすすめ 理由

 

シンプリーキャットフードは他のキャットフードに比べると、食いつきが良くしっかり食べてくれます。

 

食いつきが良いのは、メインの原材料がサーモンなので魚好きの猫にとっては、肉類よりも香りが食欲をそそるようです。

 

シンプリーキャットフードに変えてから、行動が随分活発になり食欲も取り戻してくれたので本当に良かったと思っています。

 

シンプリーキャットフードを与える事によるメリット

  • 食いつきの悪さを解消

  • 関節炎や膝蓋骨脱臼の予防

  • 毛並みや毛艶の悪さを改善できる

  • 食物アレルギー予防

  • 涙やけ対策

  • カロリー計算や食事量の調整が簡単

  • 尿路結石の改善

 

猫の健康維持に最適!と今売れているシンプリーキャットフードに切り替えて正解でした。

 

 

獣医師も推奨するシンプリーキャットフードの購入はこちら

 

 

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.