高級品対決!シンプリーキャットフードとフィーラインナチュラルを比較評価してみました

シンプリー フィーラインナチュラル 比較

シンプリーキャットフードとフィーラインナチュラルの比較

 

現在ネット通販で人気のキャットフードである「シンプリーキャットフード」と「フィーラインナチュラル」の特徴を踏まえながら、どちらが最適でおすすめなキャットフードなのか比較してみたいと思います。

 

キャットフード選びで悩んでいる飼い主さんは参考にして下さい。

 

原材料比較!シンプリーキャットフードvsフィーラインナチュラル

 

イギリス生まれのキャットフード「シンプリーキャットフード」とニュージーランド生まれのキャットフード「フィーラインナチュラル」。

 

どちらも質の良い高級プレミアムキャットフードとして評価されています。

 

今回は原材料や成分、コスパの観点からこれらを比較していきます。

 

シンプリーキャットフード フィーラインナチュラル
乾燥サーモン(29%以上)、サーモン(24%以上)、米(24%以上)、
コーングルテン、サーモンオイル、
ヒマワリ油、オート麦、ミネラル、グレイビー、
乾燥全卵、全粒亜麻、タウリン(0.23%)、メチオニン、
マンナンオリゴ糖(0.05%以上)、フラクトオリゴ糖(0.05%以上)、
クランベリー、グルコサミン(170mg/kg)、MSM(170mg/kg)、
コンドロイチン硫酸(120mg/kg)
鶏肉(人間食用の家禽から生産される)、心臓(子羊)、
腎臓(子羊)、肝臓(子羊)、血(子羊)、
フラックスシードフレーク、ニュージーランド緑イ貝、
乾燥昆布、ビタミンE、プロティネイト亜鉛、キャノーラ油、
プロティネイトマンガン、ビタミンB1、ビタミンD3、葉酸

 

まずシンプリーキャットフードは乾燥サーモンや生のサーモンを主原料とし、米やオート麦といった体に害のない穀物が含まれています。

 

クランベリーやグルコサミンが配合されていることで尿路結石症対策や関節ケアにも役立つのが特徴です。

 

フィーラインナチュラル(チキン&ラム・フィースト)は鶏肉、子羊(心臓、腎臓、肝臓、血)をメインとし、ニュージーランド緑イ貝、昆布も含まれており、穀物は使用していません。

 

フリーズドライ製法作られたフードでぬるま湯で戻して与えます。

 

そのため生食のフードながら賞味期限も長く、栄養や風味が損なわれないメリットがあります。

 

どちらも品質はとても良く甲乙つけられないほど良質な材料が使われています。

 

成分比較!シンプリーキャットフードvsフィーラインナチュラル

 

次に成分を比較してみましょう。

 

シンプリーキャットフード フィーラインナチュラル
粗蛋白質 31.0%
脂質 14.0%
粗繊維 1.5%
粗灰分 8.5%
オメガ6脂肪酸 2.74%
オメガ3脂肪酸 2.06%
ナトリウム 0.7%
カルシウム 2.1%
リン 1.5%
マグネシウム 0.14%
水分 7%
エネルギー(100gあたり)
約357kcal
タンパク質 36.0%以上
脂質 23.0%以上
粗繊維 0.3%以下
粗灰分 8.0%以下
100g中のカロリー 355.0kcal
水分 8.0%以下
マグネシウム 0.1%以下
リン 1.3%以下
タウリン 0.2%以上

 

シンプリーキャットフードの粗たんぱく質は33%、フィーラインナチュラル(チキン&ラム・フィースト)は36%です。

 

キャットフードのたんぱく質は25%前後の割合が多い中でこれらはとても高い比率です。

 

また100g中のカロリーはシンプリーキャットフードが367kcal、フィーラインナチュラル(※水分を加えて計算)は355kcalとどちらもカロリーは控えめ。

 

動物性たんぱく質が豊富で不要な脂肪分が入っていないため、健康を気にする猫にも最適です。数値を比較するとフィーラインナチュラルの方が若干良いですが、このくらいの誤差はほぼ同じと見て良いでしょう。

 

コストパフォーマンスはどう?シンプリーキャットフードvsフィーラインナチュラル

 

では価格はどうでしょうか。シンプリーキャットフードは1.5kgで3,960円、例えば1日に50g与えるとして計算すると1日当たり132円かかります。

 

フィーラインナチュラル(チキン&ラム・フィースト)は320g(水で戻した場合1,28kg)で5,480円、同じく50g与えるとして計算すると1日当たり214円かかります。

 

品質はどちらも文句のない高レベルなもので価格が高いのは納得できますが、毎日のことと考えるとフィーラインナチュラルは割高でしょう。

 

ふやかすタイプなので体調が悪い猫も食べやすく、また保存場所も選ばず長期保存が出来るので時々与える使い方は良いかもしれません。

 

ですが、猫の健康だけでなく歯の健康も考える必要があります。

 

ふやかして食べるウェットタイプのフードではなく、よく噛んで食べることで歯石防ぐ事ができるドライフードがおすすめです。

 

どちらも高品質!お財布に優しいものを選ぶ?

 

今回比較した、シンプリーキャットフードもフィーラインナチュラルどちらも素材は非常によく、猫にとって嬉しいフードでした。

 

ただ飼い主にとって価格も重要なポイント。総合的に判断するとシンプリーキャットフードが最適です。

 

シンプリーキャットフード

 

「シンプリーキャットフード」は食いつきも良く、体調がよくなるフードです

シンプリーキャットフード おすすめ 理由

 

シンプリーキャットフードは他のキャットフードに比べると、食いつきが良くしっかり食べてくれます。

 

食いつきが良いのは、メインの原材料がサーモンなので魚好きの猫にとっては、肉類よりも香りが食欲をそそるようです。

 

シンプリーキャットフードに変えてから、行動が随分活発になり食欲も取り戻してくれたので本当に良かったと思っています。

 

シンプリーキャットフードを与える事によるメリット

  • 食いつきの悪さを解消

  • 関節炎や膝蓋骨脱臼の予防

  • 毛並みや毛艶の悪さを改善できる

  • 食物アレルギー予防

  • 涙やけ対策

  • カロリー計算や食事量の調整が簡単

  • 尿路結石の改善

 

猫の健康維持に最適!と今売れているシンプリーキャットフードに切り替えて正解でした。

 

 

獣医師も推奨するシンプリーキャットフードの購入はこちら

 

 

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.