猫はアボカドを食べると危険ってホント?

 

基本的に猫にアボカドは絶対食べさせてはダメ

 

アボカドはギネスに世界で一番栄養価のある果物として認定されました。

 

ミネラルやビタミンが豊富なので、女性には美容効果も着目されています。

 

そんなアボカドなので、猫に食べさせたないななんて思う人もいますが、それは絶対にしてはいけない行為です。

 

人間には無害なアボカドですが、猫にとっては有害な植物なのです。

 

最近は手作りキャットフードが人気を呼び、個人が発表したレシピを使ったものも存在しますが、それは間違った情報を元にしてできた危険なものです。

 

あなたの愛猫にはアボカドは与えないでくださいね。

 

では、なぜアボカドがそんなに猫に危険なのか、詳しい原因をご紹介します。

 

猫の餌におすすめなキャットフードランキングBEST3はこちら

 

 

アボカドに含まれるペルシンは猫に有毒

 

アボカドにはペルシンという成分が含まれていて、これは人間には無害なのですが、猫にとっては強い毒性があります。

 

とはいえ、少し食べただけでも命にかかわるネギ類ほどではないのですが、

 

何度も食べさせたり、症状が出ても放置してると命を落とすことがあるので、アボカドは絶対に与えないでください。

 

アボカドを猫が食べると、以下の症状が出ます。

 

嘔吐、下痢、けいれん、困難 もしも間違って食べさせたときには様子を見て、

 

上の症状が見られたら、急いで動物病院へ行き、アボカドを食べさせてしまったことを告げて診察を受けてください。

 

うちの子はアボカドを食べても平気みたい、なんて何度も食べさせていると、ラテックスアレルギーを引き起こすことがあります。

 

ラテックスアレルギーは天然ゴムに含まれているラテックスたんぱく質に反応してしまうアレルギーです。

 

アボカドのたんぱく質と、ラテックスのたんぱく質の構造がよく似ていることから、アボカドを食べていると発症することがあります。

 

猫がラテックスアレルギーになってしまったら、アボカドを食べさせないだけでなく、触れる場所にラテックス(天然ゴム)でできたものを置けなくなります。

 

猫の餌におすすめなキャットフードランキングBEST3はこちら

 

 

アボカド入りキャットフードの秘密

 

猫にアボカドを食べさせてはいけないと言ってきましたが、じつは海外のキャットフードの中にはアボカドを含んでいるものも存在します。

 

アメリカ製のアボダームなどは有名で、日本でも購入できるアボカド入りのキャットフードです。

 

なぜこんなキャットフードが存在するかというと、アボカドは千種類以上存在していて、その中には猫に有害なペルシンをあまり含んでいない品種も存在しているのです。

 

しかし、日本で手に入りやすいアボカドはペルシンを多く含んだグアテマラ系のアボカドであることが多いので、日本ではアボカド自体、猫に与えるべきではないとされています。

 

アボカド入りの手作りキャットフードのレシピをネットなどにあげている人も多くは、

 

そんな事情さえよくわかっていないのに、キャットフードにも使用されているから大丈夫だと勝手に判断している人がほとんどです。

 

また、きちんと理解してグアテマラ系以外のアボカドを利用していたとしても、

 

安全なアボカドを入手する方法を持っていない人間がレシピを真似するのは危険なので、やはり与えるのは止めたほうがいいでしょう。

 

ちなみに先程紹介したアボダームはどの系統のアボカドを使用しているのかはわかりませんが、食用に適さない部位は取り除いて安全な果肉とオイルだけを使用しています。

 

それでペルシンを完全に取り除けているのかはわかりませんが、

 

アボダームは世界中で30年販売されてきましたが、アボカド中毒を起こした猫は一例も発見されていません。

 

猫の餌におすすめなキャットフードランキングBEST3はこちら

 

 

観賞植物でも危険

 

注意してもらいたいのは、ペルシンを含んでいるのはアボカドの果実だけではないということです。

 

葉や種にもペルシンは含まれています。 丸くてオモチャに良さそうですが、もしものことがあるので果肉をキレイに取り除いたからといって、猫にアボカドの種を与えないでくださいね。

 

観賞植物でアボカドを育てている人は、猫が触れられる場所に鉢を置くのは止めましょう。

 

最近、食べたアボカドの種を土に埋めて、一から育てるのが密かなブームになっていますが、

 

猫を飼育してるのであれば、気軽に育て始めるのはNGです。 大きく育っても、猫と隔離して育てられる場合のみ育ててください。

 

猫の餌におすすめなキャットフードランキングBEST3はこちら

 

 

猫には触れさせない生活を

 

やはり、猫にはアボカドは与えないほうがいいとの結論に至りました。

 

たしかに品種によってはペルシンをあまり含んでいないものもありますが、危険性や入手の手間などを考慮すると、わざわざアボカドを猫に与える必要性はほとんどないです。

 

それでも猫に食べさせてみたいという人は、アボダームのようにアボカドを含んだキャットフードを与えてみてはいかがでしょうか。

 

多くの猫ちゃんが食べても安全だったキャットフードなら、危険をおかすことなく、アボカドの優れた栄養を与えることができます。

 

観賞用として売られているアボカドの観葉植物は、何系なのかわかることのほうが珍しいので、栽培の際には置き場に気をつけてくださいね。

 

うちの猫は観葉植物なんて気にもしないからと、適当な管理をしてると、ある日誤飲したなんてこともあるので、もしもに備えた管理をしてください。

 

 

 

 

  • スーパーやコンビニなど、どこでも気軽に購入できる
  • ホームセンターで安く購入できる

 

キャットフードを与えていると、

 

  • 皮膚を痒がる/皮膚が赤い
  • お腹が弱くなる/うんちがゆるくなる
  • 病気がちになる
  • 食いつきが悪くなる
  • 目やにが増える
  • 涙やけができる

 

など猫の健康を損なう恐れがあります。

 

そのため、キャットフードを購入するときはパッケージの背面に記載されている原材料や成分表を確認し、猫の体に良くない食べ物や原材料が含まれていないか細かくチェックする必要があります。

 

そこで、猫の餌に最適なキャットフード選びで大切な7つのポイントをご紹介します。

 

猫の餌に最適なキャットフード選びで大切な7つのポイント

 

 

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント① 猫の食欲を誘う魚の香りや風味があるキャットフード

 

猫は本来肉食で、特に魚の香りがする食べ物を非常に好みます。そのため、牛肉や鶏肉や豚肉、カツオやサーモンの香料を含ませ、猫の興味を誘うキャットフードもありますが、いつかその嘘が猫にばれてしまいそっぽを向かれます。

 

その為、原材料が白身魚やサーモンがメインの魚の香りがつよい猫の餌を選ぶ事で、猫のキャットフードへの食いつきを良くする事ができます

 

猫の食いつきがいいキャットフードのおすすめ人気ランキングBEST3はこちら

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント② 無添加

 

 

市販の安いキャットフードには、猫の健康を害する恐れのある

 

  • 酸化防止剤(BHA/BHT)
  • 人工香料

 

などの人工添加物が多く含まれている事が多く危険です。

 

また、

 

・死んだ動物の肉(DeadMeet)

・病気だった動物の肉(DiseasedMeet)

・しにかけだった動物の肉(DyingMeet)

・障害のあった動物の肉(DssabledMeet))

 

のアルファベットの頭文字をとった「4Dミート」と呼ばれる、◯◯ミールや◯◯パウダーといった、品質の悪い原材料の肉副産物が原材料に含まれています。

 

そのため、人工添加物を含まず、低品質な肉副産物を含まない安全なキャットフード選びが必要です。

 

無添加キャットフードのおすすめ人気ランキングBEST3はこちら

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント③ 栄養バランスが良いキャットフード

 

どんなに食いつきが良くても、栄養が偏ってしまうと意味がありません。

 

栄養が偏ってしまうと、

 

  • 病気がちになる
  • 皮膚を痒がる
  • お腹がゆるくなる
  • 抜け毛が増える
  • 毛並みや被毛の艶が悪くなる

 

になる原因になります。その為、原材料が

  • 動物性たんぱく質が多く含まれる
  • 食物繊維やミネラルが豊富

 

など、猫の身体を丈夫に育てる為に必要な栄養素がバランス良く配合されているフードがおすすめです。 

 

栄養バランスが良いキャットフードのおすすめ人気ランキングBEST3はこちら

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント④ 動物性たんぱく源を50%以上含むキャットフード

 

動物性たんぱく質猫の身体を作る上で重要な栄養素です。

 

  • 丈夫な体作り
  • 健康的で毛艶のある毛並みの維持

 

に必要で、元々肉食である猫は肉や魚肉を好んで食べる習性があります。その為、原材料に肉や魚肉を多く含むキャットフードを好むので食いつきの良さにも関わってきます。

 

主原料に肉や魚肉を多く含み、粗たんぱく質を35%以上含まれるキャットフードを選ぶのがおすすめです。

 

動物性たんぱく源が豊富なキャットフードのおすすめ人気ランキングBEST3はこちら

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント⑤ 穀物の有無

 

 

猫は肉食の為、穀物を消化するのが苦手な生き物です。

 

市販の安いキャットフードには腹持ちを良くするために原材料に穀物を含む商品が多く存在しています。

 

食べても影響がない猫もいますが、穀物を食べることで消化不良を起こし、

 

  • 胃の中でガスが溜まり胃捻転を発症する
  • アレルギーの原因になる
  • 胃腸が弱くなる

 

など猫の体にトラブルを引き起こす原因になるので、穀物が一切含まれないグレインフリータイプのキャットフードがおすすめです。 

 

グレインフリーなキャットフードのおすすめ人気ランキングBEST3はこちら

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント⑥ 低炭水化物でヘルシーなキャットフード

 

※引用元 http://konaka-ah.com/index.php/page/protein

 

 

炭水化物は人間と同様に猫を太らせてしまう原因になります。

 

その為、ヘルシーで高タンパクな魚肉やGI値が低いサツマイモなどが含まれている低炭水化物のキャットフードがおすすめです。

 

また、サツマイモが含まれているとエネルギー消費に時間がかかり腹持ちがよくなるので、給餌量(餌の量)が少なくても平気になるのでダイエットにも最適です。 

 

低炭水化物でヘルシーなキャットフードのおすすめ人気ランキングBEST3

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント⑦ ドライフード

 

 

ウェットフードを好む猫も多いですが、ドライフードが猫の健康維持に最適です。

 

その理由は、カリカリタイプのフードをよく噛んで食べる事で、

 

  • 脳への刺激
  • 顎の強化
  • 歯周病の予防

 

が可能になるためです。

 

ウェットフードの場合、歯間や歯茎に食べかすが残り歯周病の原因になる為食後のケア(歯磨きなど)が大事になりますが、ドライフードであれば食べかすを食べながら取り除く事ができます

 

ドライフードのキャットフードおすすめ人気ランキングBEST3はこちら

 

 

以上がキャットフード選びで必要な7つの基準になります。

 

しかし、市販されているキャットフードは、この7つの基準を満たしていないフードばかりで猫の健康を一番にかんがえられていないキャットフードが多いため注意が必要です。

 

また、BHAやBHTなどの発がん性物質が含まれ安全性に疑問がのこる一部のプレミアムキャットフードも存在しています。

 

そこで、猫の餌に最適なキャットフード選びに必要な7つの基準をもとにしたキャットフードのおすすめランキングBEST3をご紹介します。

 

モグニャン

香料・着色料不使用/グレインフリー/ドライフード/全猫種・全年齢(全ライフステージ)対応

食いつきの良さ
栄養バランス 安全性の高さ たんぱく質の量
 
グレインフリー ヘルシーさ ドライフード
     
主原材料 内容量 総合評価
白身魚 1.5kg

 

モグニャンの詳細ページ

【PR】

モグニャンの公式サイト

 

 

カナガンキャットフードサーモン

香料・着色料不使用/グレインフリー/ドライフード/全猫種・全年齢(全ライフステージ)対応

食いつきの良さ
栄養バランス 安全性の高さ たんぱく質の量
 
グレインフリー ヘルシーさ ドライフード
     
主原材料 内容量 総合評価
サーモン 1.5kg

【PR】

カナガンキャットフードサーモン公式サイト

 

カナガンキャットフードチキン

香料・着色料不使用/グレインフリー/ドライフード/全猫種・全年齢(全ライフステージ)対応

食いつきの良さ
栄養バランス 安全性の高さ たんぱく質の量
 
グレインフリー ヘルシーさ ドライフード
 
主原材料 内容量 総合評価
チキン 1.5kg

【PR】

カナガンキャットフードチキン公式サイト

 

「モグニャンキャットフード」は食いつきも良く、コンディション維持に最適なフードです

 

モグニャンキャットフードは食いつきがいいのでしっかり食べてくれますよ。

 

食いつきの良さの理由は原材料が白身魚メインで、風味豊かな香りが広がるので猫の食欲を刺激してくれるからですね。

 

 

フードボールに入れた瞬間に飛びつく行動にいつもビックリしています。

 

モグニャンキャットフードを与える事によるメリット

 

  • 食いつきが良い
  • コンディションの維持ができる
  • 穀物アレルギーがあっても安心

 

猫の健康維持に最適!と今売れているモグニャンキャットフードに切り替えて正解でした。

 

【PR】

モグニャンキャットフードの公式サイトはこちら

 

 

 

 

-猫の健康管理

Copyright© , 2023 AllRights Reserved.