マグネシウム量を抑えたいならカナガンキャットフードがオススメ

 

キャットフード選びはマグネシウムの含有量にも注意しましょう

 

猫を飼っていると、よくキャットフードなどにF.L.U.T.D対策済みなどと書かれた商品を見かけます。

 

これは下部尿路疾患のことで、尿結石、血尿、尿道封鎖、突発性膀胱炎など猫がかかりやすい泌尿器の病気の総称です。

 

このF.L.U.T.Dにかかる大きな要因の一つにマグネシウムの過剰摂取が上げられます。

 

ですから猫に与えるキャットフードのマグネシウム量はきちんとチェックし、できるだけ少ない配合量のものを与えるようにすると、発症のリスクを下げることができます。

 

数ある低マグネシウムキャットフードの中でも人気なのが、カナガンキャットフードです。

 

 

 

 

 

 

F.L.U.T.Dとマグネシウムの関係

 

猫の祖先であるリビア山猫は元々砂漠に住んでいました。

 

その環境ではなかなか水を手に入れることができないので、エサなどから得た水分をできるだけ逃さずに使うことができるよう身体が進化した結果、尿の水分も節約し、濃縮して出すようになりました。

 

しかし、そのせいで尿の成分が凝縮して結石になりやすくなってしまったのです。

 

尿結石の原因となるのが、マグネシウムとカルシウムです。

 

1〜6歳までの成猫はマグネシウム由来のストルバイトの結石になりやすく、7歳以上にシニア猫はカルシウム由来のシュウ酸カルシウムの結石になりやすいとされています。

 

結石を予防するには、マグネシウムとカルシウムの過剰摂取を防ぎ、水分をきちんと摂らせて、運動させることが大切です。

 

そのため、特に毎日与えるキャットフードに含まれるマグネシウム量には気を配る必要があります。

 

F.L.U.T.D対策キャットフードといえど、含まれているマグネシウム量はさまざまです。

 

購入する前に、キャットフードに表示されているマグネシウム量はきちんとチェックするようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

カナガンキャットフードのマグネシウム量

 

では、オススメしているカナガンキャットフードにはどれくらいマグネシウムが含まれているのかというと100gあたり0.09%だとされています。

 

同じく人気のプレミアムキャットフードシンプリーではマグネシウム量が100gあたり0.13%。 アメリカのUSDA認証の高品質な素材だけで作ったバイネイチャーでは100gあたり0.10%。

 

日本のキャットフードとして有名なミオドライミックスでは0.11%。

 

こうして比べてみると、カナガンキャットフードがいかに努力してマグネシウムを取り除いてきたのかわかることでしょう。

 

 

 

 

 

 

カナガンキャットフードは低マグネシウムだけではない

 

もちろん、F.L.U.T.Dに配慮されて製造されたキャットフードの中には、さらにマグネシウム量が低いものもあります。

 

しかし、私がその中でも特にカナガンキャットフードをぜひおすすめしたいのは、このキャットフードがマグネシウム量と同じように、他にもいろいろ猫の体に配慮され作られているからです。

 

たとえば、尿路結石予防に効果があるというビタミンCを豊富に含むクランベリーが配合されていたり、免疫機能を向上させてくれるマリーゴールドや、ストレスを軽減してくれるカモミールも入れられています。

 

猫に不要な穀物を一切排除し、厳選された新鮮なチキンをベースに、動物性たんぱく質が70%、植物成分が30%と、生物学的に猫に適切な栄養比率で製造されています。

 

また、いくら低マグネシウムで身体によくても、味やにおいが悪くて猫が食べなければ意味がありません。

 

しかし、カナガンキャットフードはモニターテストで食いつき率100%でした。

 

そのおかげか、製造しているイギリスでは80%以上の人がリピートしてカナガンキャットフードを猫に与えているそうです。

 

これらを踏まえた上で他のフードと比べてみると、やはりカナガンキャットフードがもっとも推薦したい商品となっています。

猫に長生きしてもらう為には、安全性が高く健康的で品質の高いキャットフードを与える必要があります。

 

そこで、安全性が高く健康的で品質の高いキャットフードを探す際のポイントについて紹介します。

 

安全性が高く健康的で品質の高いキャットフードの選び方

 

安全性が高く健康的な品質の高いキャットフード選びのポイントは

安全で猫の健康維持に最適なキャットフード選びの7つのポイント

  • 発がん性物質を含まない
  • 丈夫な体を作りに必要な、「動物性たんぱく質」が豊富
  • アレルギーや、消化不良の原因になる穀物を一切含まない
  • 給餌量の調整が簡単で、ヘルシーな低炭水化物
  • 関節炎や膝蓋骨脱臼、糖尿病や尿路結石を予防できる
  • 食いつきがいい 全ライフステージ対応

 

以上が猫の健康と食の安全が考えられたキャットフード選びのポイントになります。

 

ですが、ネット通販で人気が高い

 

  • アカナ
  • サイエンスダイエット
  • ナチュラルバランス
  • ロイヤルカナン
  • アイムス

 

は、残念ながら猫の健康と食の安全を考えられたキャットフード選びに必要な条件を満たしていないです。

 

しかし、一つだけすべての条件を満たしたキャットフードがあります。

 

それが、カナガンキャットフードです。

 

 

 

今売れている安全な無添加キャットフード比較表

 

ネット通販で人気の

 

  • シンプリーキャットフード
  • オリジンキャットフード

 

とカナガンキャットフードを比較してみました。

 

ランキング 圏外
商品名 カナガン シンプリー オリジン 市販フード
安全性  
食い付きの良さ        
アレルギー対策  
ヘルシーさ  
栄養バランス  
1日あたりの値段 158円〜 158円〜 194円〜 50円〜※注1
その他 カナガン詳細ページ カナガンとシンプリーの比較 カナガンとオリジンの比較 リンクなし

 

※注1 安価なキャットフードの平均価格です。

 

 

 

 

 キャットフードの詳細な比較記事を読むにはこちら

人気無添加キャットフードとカナガンの比較

カナガン シンプリー 比較
 カナガン オリジン 比較

 

カナガン ナチュラルバランス 比較
カナガン ウェルネス 比較
カナガン アカナ 比較
カナガン アボダーム 比較
カナガン ナチュラルチョイス 比較
カナガン フィーラインナチュラル 比較
カナガン アーテミス 比較
カナガン ロータス 比較
カナガン アニモンダ 比較
カナガン シシア 比較
カナガン サイエンスダイエット 比較

 

カナガン レビュー

カナガンキャットフードを与えてみた感想

 

カナガンキャットフードを与える様になってからパクパク食べてくれる様になりました。

 

食いつきが良く、勢い良く食べてくれるので、本当に助かっています。

 

おかげさまで、パサパサだったうちの猫の毛艶も良くなり、元気を取り戻してくれました。

 

ダイエットにも成功でき本当にカナガンキャットフードには感謝しています。

 

カナガンキャットフードを与える事によるメリット


  • 食いつきの悪さを解消

  • 関節炎や膝蓋骨脱臼の予防

  • 毛並みや毛艶の悪さを改善できる

  • アレルギーや尿路結石の予防

  • 涙やけ対策

  • カロリー計算や食事量の調整が簡単

  • キャットフードの切り替えが不要

 

 

 

ill-badge-riyuu

カナガン キャットフード レビュー
カナガンキャットフード
の詳細や口コミ情報はこちら

ill-badge-check

カナガン レビュー 評判 食いつき
カナガンキャットフードの口コミ
評価とレビューはこちら

 

-猫に安全なキャットフード

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.