猫のストレスや不安を解消してしっかりマーキング予防

 

猫のマーキングは日々の生活に注意すれば予防できる!

 

現在はペットとして、人間の大切な友人として暮らしている猫ですが、元々は野生の中で生きていた動物です。

 

ペットとして暮らす猫も、野生動物の本能をしっかり持ったまま生まれ、育っていきます。

 

ですからペットの猫と一緒に暮らすのであれば、ある程度猫の本能を知り、本能からくる行動についても理解を示さなければいけません。

 

といっても、どうしても人間の迷惑となってしまう猫の行動もあります。

 

マーキングとして行われるスプレー行為もそのひとつです。

 

ごく少量だけれどにおいの強い濃いおしっこを部屋のあちこちにひっかけるスプレー行為は、同じ家で暮らす飼い主としてはなんとかやめさせたい、できればする前から予防しておきたい行動ですよね。

 

本能に従って行われるマーキング行動は完全にやめさせることは難しいものの、毎日の生活の中でしっかり気を配っていればある程度予防することは充分可能です。

 

そこで、猫のマーキングについて、その予防や対策についてまとめてみました。

 

 

猫のマーキング行動とは

 

猫のマーキングを予防するために、まずはマーキングとは何かということから考えてみましょう。

 

「マーキング」と聞いてすぐに思い浮かぶのは、やはり一番の問題でもあるスプレー行為ですよね。

 

ですが、実はスプレー行為以外にもマーキング方法は色々あります。

 

マーキングは猫が縄張りや自分自身の存在を他の猫にアピールするための行為の総称で、スプレー行為はその中のひとつ、というわけです。

 

野生の中で暮らす生き物の多くが自身の生活圏内を縄張りとして確保・維持しながら生活していますが、猫はその中でも特に縄張り意識が強い生き物のひとつです。

 

同じ肉食動物であっても犬のように群れを作り集団で暮らす社会性の高い動物とは違い、猫は基本的に1匹だけで暮らすのが普通です。

 

当然、縄張りも自分だけの力で守らなければいけません。

 

そのため、「ここは自分の縄張りである」というアピールのためのマーキング行動も積極的に行います。

 

例えば、猫が好きなことのひとつである爪とぎにもマーキング行動の意味合いが含まれています。

 

できるだけ高い位置にしっかりと爪痕をつけ、そこに前足の肉球あたりから出るにおいをこすりつけることで、

 

「ここは元気で強い猫の縄張りである」

 

とアピールし、他の猫が侵入してこないようにするのです。

 

爪とぎも場所によっては予防したいマーキング行動ですが、トイレと同様場所さえわきまえてもらえればそれで問題ありません。

 

爪とぎのように傷はつけないものの、自分が好きなものにも自分のにおいをつけ、

 

「これは自分が気に入っているものだ」

 

と主張することもあります。

 

自分が好きな家具など、また飼い主など好きな人に対しても行いますが、顔をぐいぐいとこすりつけることで自分のにおいをつけてマーキングしているのです。

 

これもマーキング行動のひとつではあるのですが、基本的には顔をこすりつけるだけなので爪とぎやスプレー行為とは違いあまり問題にはなりません。

 

甘えているようにも見えますし、ただのかわいらしい仕草と考えている人も多いですよね。

 

当然一生懸命に対策を考えて予防する必要もないでしょう。

 

これはとてもリラックスしていること、また飼い主を信頼しているということのサインでもあります。

 

猫がぐいぐいと顔をこすりつけてきたら素直に喜びましょう。 顔をこすりつけてマーキングするくらいならかわいいだけなのですが、さすがにスプレー行為をされるとかわいいでは済まされませんよね。

 

スプレー行為は爪とぎよりもさらに強烈に縄張りをアピールするマーキング行動です。

 

自分のテリトリーを誇示する意味の他、発情期に入りパートナーを探すために強いにおいであちこちにマーキングするという意味もあります。

 

猫の本能に根ざしている自然な行為ではあるのですが、部屋中がおしっこのにおいになるのは避けたいですよね。

 

あちこちにおしっこをされれば衛生的にも不安です。

 

スプレー行為を予防するには、猫がスプレー行為をしたくなることがないような環境を作っていかなければいけません。

 

 

猫がマーキングをするようになる理由

 

それまで何も問題なく過ごせていても、猫はある日突然マーキング行動をはじめることがあります。

 

特にスプレー行為は変化も顕著ですし、においなどの問題も大きいので急な変化に戸惑うことも多いですよね。

 

ですが、猫は何の意味もなくスプレー行為をはじめたりはしません。 マーキング行動には必ず意味があります。

 

マーキングを予防するためには、なぜ猫がマーキングのための行動を取りはじめるのか、その理由を把握することが重要です。

 

マーキングは自分の縄張り、テリトリーをアピールするためにするものと先ほどご説明しましたが、

 

これまでは激しく縄張りを主張することがなかったにもかかわらずマーキング行動をはじめたという場合、

 

なんらかの理由で縄張りに危機や危険が迫っていると感じていることが多いです。

 

例えば庭や家の周りに野良猫が現れるようになったこと、新しく他の猫を飼うようになったことなどがきっかけで、

 

「これまで以上に縄張りをしっかり守らなければ」

 

という思いからマーキングをはじめた可能性が高いです。

 

猫は縄張りがしっかり確保され、自分のものとしてキープできている状態を好むので、危険が迫っていると感じればマーキングをはじめるのはある意味当然のことと言えます。

 

これからずっと家に他の猫が住むということはないとしても、一時的に他の猫を預かっていた、

 

など飼い主からすれば些細に感じるようなことが契機となってマーキング行動をはじめることもありますので、

 

予防のためにも猫の観点から考えて理由を探るようにしてください。

 

また、縄張りそのものに危険が迫っていなくても、猫がなんらかのストレスを感じた結果マーキングをはじめることもあります。

 

転嫁行動とも呼ばれる行為ですが、生活環境の変化などでストレスを感じ、不安になると、その不安を解消し気分を落ち着かせるためにマーキングをするようになるのです。

 

おしっこを使ったスプレー行為ばかりではなく、爪とぎなども転嫁行動としてのマーキングのひとつです。

 

急にマーキングをはじめた場合ストレスが理由となっているケースが一番多いのですが、そのストレスの原因は猫によって様々です。

 

飼い主の接し方や行動の変化に不満を感じていたり、来客が続いたり、部屋の中の物や家具の配置が変わったり……

 

飼い主から見れば生活環境の変化とは思えないようなことであっても、猫にとっては大きなストレスになり得ます。

 

部屋に新しい物が増えてにおいが変わること、トイレや普段フードを食べている器など身の回りのアイテムが変わったことなども猫にとっては不安を煽る材料になります。

 

飼い主にはなかなか気付きにくい部分でストレスや不安が重なった結果、それを解消するためにマーキングをするようになるのです。

 

つまり、マーキングを予防するためには、猫がストレスを感じないでいられるような生活環境を整えることが重要であるということになります。

 

縄張りが脅かされることもなく、猫にとって慣れ親しんだ環境が変化することもない穏やかな暮らしであれば、マーキングする可能性はかなり低く抑えることができます。

 

 

猫にマーキングをやめさせるための対策

 

日々の生活環境に配慮することでマーキングを予防できればそれに越したことはないのですが、ときには目が行き届かず猫がマーキングしはじめてしまうこともあります。

 

そんなときには、これ以上猫がマーキングをしなくても済むよう予防策を徹底することと同時に、猫にマーキングをやめさせるための対策を講じなければいけません。

 

まず大前提として、去勢・避妊手術をしている猫はマーキングをすることがほぼなくなります。

 

マーキング予防の他にも病気を予防できるなどのメリットもありますので、繁殖を考えているなどの理由がない場合はできるだけ去勢・避妊手術をさせることをおすすめします。

 

ただ、マーキング予防のための去勢・避妊手術は性的に成熟しないうちに行う必要があります。

 

一度でもおしっこによるマーキングを覚えてしまうとその後も繰り返す可能性が残るので、絶対にさせたくないという場合は最初の発情期がくる前に手術を済ませておきましょう。

 

去勢や避妊手術はしていない、もしくはしているにもかかわらずスプレー行為が見られるという場合は、やはり猫がマーキングしなくてもいいような環境を整える必要があります。

 

ストレスや不安、縄張りが脅かされているという恐怖からマーキングを行うことが多いので、きっかけとなりそうな出来事や生活の変化は極力排除するようにしましょう。

 

例えば庭などに来る野良猫の姿が部屋の中からは見えないよう窓に工夫をしたり、猫が慣れていない人が家に来ること、

 

新しい物を購入することなどをできるだけ避けることで、マーキングの再発を予防することができます。

 

家の中は猫にとって安全で、縄張りを脅かすようなものは何もないと猫を安心させてあげることを意識しましょう。

 

猫が落ち着くまでは過ごす部屋を限定し、飼い主と一緒に隔離されたような生活をさせてあげるのも有効です。

 

飼い主に適度に構ってもらうことは猫にとってもかなりのストレス解消になりますので、できるだけ遊ぶ時間を確保することも効果的です。

 

また、猫は一度マーキングした場所に残るにおいを嗅ぐと繰り返しマーキングをしたくなるので、においが残らないよう徹底的に掃除することで再度のマーキングを防ぐことができます。

 

どんなに強いにおいのおしっこであっても、ペット用の消臭剤などを駆使すれば充分においは消せます。

 

それでも不安であれば、猫の嫌う柑橘系の香りのスプレーなどを吹き付けておくのもおすすめです。

 

自然由来のものであれば、においとしては猫が嫌うものではありますが身体に害はありません。

 

 

ストレスのない環境を猫に用意してマーキングを予防しよう!

 

猫のおしっこは元々濃くにおいも強いですが、マーキングのためのおしっこはさらに強烈なにおいです。

 

飼い主からすれば、そんなおしっこを使って家のあちこちにマーキングされるのはとても困ることですよね。

 

なんとかして予防したい、再発も防ぎたいと考えるのが当然です。

 

ですが、猫の方でもきちんと理由があってこういったマーキングをしています。

 

ただ叱るのではなく、猫の事情も考慮した上で予防するべく対策を考えていく方がずっと合理的なのです。

 

猫がマーキングをしなくても安心して暮らせるような環境を用意してあげれば、マーキング行動は充分予防することができます。

 

猫が不安やストレスからマーキングをはじめることのないよう、日頃から配慮してあげるように心掛けましょう。

 

 

 

 

  • スーパーやコンビニなど、どこでも気軽に購入できる
  • ホームセンターで安く購入できる

 

キャットフードを与えていると、

 

  • 皮膚を痒がる/皮膚が赤い
  • お腹が弱くなる/うんちがゆるくなる
  • 病気がちになる
  • 食いつきが悪くなる
  • 目やにが増える
  • 涙やけができる

 

など猫の健康を損なう恐れがあります。

 

そのため、キャットフードを購入するときはパッケージの背面に記載されている原材料や成分表を確認し、猫の体に良くない食べ物や原材料が含まれていないか細かくチェックする必要があります。

 

そこで、猫の餌に最適なキャットフード選びで大切な7つのポイントをご紹介します。

 

猫の餌に最適なキャットフード選びで大切な7つのポイント

 

 

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント① 猫の食欲を誘う魚の香りや風味があるキャットフード

 

猫は本来肉食で、特に魚の香りがする食べ物を非常に好みます。そのため、牛肉や鶏肉や豚肉、カツオやサーモンの香料を含ませ、猫の興味を誘うキャットフードもありますが、いつかその嘘が猫にばれてしまいそっぽを向かれます。

 

その為、原材料が白身魚やサーモンがメインの魚の香りがつよい猫の餌を選ぶ事で、猫のキャットフードへの食いつきを良くする事ができます

 

猫の食いつきがいいキャットフードのおすすめ人気ランキングBEST3はこちら

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント② 無添加

 

 

市販の安いキャットフードには、猫の健康を害する恐れのある

 

  • 酸化防止剤(BHA/BHT)
  • 人工香料

 

などの人工添加物が多く含まれている事が多く危険です。

 

また、

 

・死んだ動物の肉(DeadMeet)

・病気だった動物の肉(DiseasedMeet)

・しにかけだった動物の肉(DyingMeet)

・障害のあった動物の肉(DssabledMeet))

 

のアルファベットの頭文字をとった「4Dミート」と呼ばれる、◯◯ミールや◯◯パウダーといった、品質の悪い原材料の肉副産物が原材料に含まれています。

 

そのため、人工添加物を含まず、低品質な肉副産物を含まない安全なキャットフード選びが必要です。

 

無添加キャットフードのおすすめ人気ランキングBEST3はこちら

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント③ 栄養バランスが良いキャットフード

 

どんなに食いつきが良くても、栄養が偏ってしまうと意味がありません。

 

栄養が偏ってしまうと、

 

  • 病気がちになる
  • 皮膚を痒がる
  • お腹がゆるくなる
  • 抜け毛が増える
  • 毛並みや被毛の艶が悪くなる

 

になる原因になります。その為、原材料が

  • 動物性たんぱく質が多く含まれる
  • 食物繊維やミネラルが豊富

 

など、猫の身体を丈夫に育てる為に必要な栄養素がバランス良く配合されているフードがおすすめです。 

 

栄養バランスが良いキャットフードのおすすめ人気ランキングBEST3はこちら

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント④ 動物性たんぱく源を50%以上含むキャットフード

 

動物性たんぱく質猫の身体を作る上で重要な栄養素です。

 

  • 丈夫な体作り
  • 健康的で毛艶のある毛並みの維持

 

に必要で、元々肉食である猫は肉や魚肉を好んで食べる習性があります。その為、原材料に肉や魚肉を多く含むキャットフードを好むので食いつきの良さにも関わってきます。

 

主原料に肉や魚肉を多く含み、粗たんぱく質を35%以上含まれるキャットフードを選ぶのがおすすめです。

 

動物性たんぱく源が豊富なキャットフードのおすすめ人気ランキングBEST3はこちら

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント⑤ 穀物の有無

 

 

猫は肉食の為、穀物を消化するのが苦手な生き物です。

 

市販の安いキャットフードには腹持ちを良くするために原材料に穀物を含む商品が多く存在しています。

 

食べても影響がない猫もいますが、穀物を食べることで消化不良を起こし、

 

  • 胃の中でガスが溜まり胃捻転を発症する
  • アレルギーの原因になる
  • 胃腸が弱くなる

 

など猫の体にトラブルを引き起こす原因になるので、穀物が一切含まれないグレインフリータイプのキャットフードがおすすめです。 

 

グレインフリーなキャットフードのおすすめ人気ランキングBEST3はこちら

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント⑥ 低炭水化物でヘルシーなキャットフード

 

※引用元 http://konaka-ah.com/index.php/page/protein

 

 

炭水化物は人間と同様に猫を太らせてしまう原因になります。

 

その為、ヘルシーで高タンパクな魚肉やGI値が低いサツマイモなどが含まれている低炭水化物のキャットフードがおすすめです。

 

また、サツマイモが含まれているとエネルギー消費に時間がかかり腹持ちがよくなるので、給餌量(餌の量)が少なくても平気になるのでダイエットにも最適です。 

 

低炭水化物でヘルシーなキャットフードのおすすめ人気ランキングBEST3

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント⑦ ドライフード

 

 

ウェットフードを好む猫も多いですが、ドライフードが猫の健康維持に最適です。

 

その理由は、カリカリタイプのフードをよく噛んで食べる事で、

 

  • 脳への刺激
  • 顎の強化
  • 歯周病の予防

 

が可能になるためです。

 

ウェットフードの場合、歯間や歯茎に食べかすが残り歯周病の原因になる為食後のケア(歯磨きなど)が大事になりますが、ドライフードであれば食べかすを食べながら取り除く事ができます

 

ドライフードのキャットフードおすすめ人気ランキングBEST3はこちら

 

 

以上がキャットフード選びで必要な7つの基準になります。

 

しかし、市販されているキャットフードは、この7つの基準を満たしていないフードばかりで猫の健康を一番にかんがえられていないキャットフードが多いため注意が必要です。

 

また、BHAやBHTなどの発がん性物質が含まれ安全性に疑問がのこる一部のプレミアムキャットフードも存在しています。

 

そこで、猫の餌に最適なキャットフード選びに必要な7つの基準をもとにしたキャットフードのおすすめランキングBEST3をご紹介します。

 

モグニャン

香料・着色料不使用/グレインフリー/ドライフード/全猫種・全年齢(全ライフステージ)対応

食いつきの良さ
栄養バランス 安全性の高さ たんぱく質の量
 
グレインフリー ヘルシーさ ドライフード
     
主原材料 内容量 総合評価
白身魚 1.5kg

 

モグニャンの詳細ページ

【PR】

モグニャンの公式サイト

 

 

カナガンキャットフードサーモン

香料・着色料不使用/グレインフリー/ドライフード/全猫種・全年齢(全ライフステージ)対応

食いつきの良さ
栄養バランス 安全性の高さ たんぱく質の量
 
グレインフリー ヘルシーさ ドライフード
     
主原材料 内容量 総合評価
サーモン 1.5kg

【PR】

カナガンキャットフードサーモン公式サイト

 

カナガンキャットフードチキン

香料・着色料不使用/グレインフリー/ドライフード/全猫種・全年齢(全ライフステージ)対応

食いつきの良さ
栄養バランス 安全性の高さ たんぱく質の量
 
グレインフリー ヘルシーさ ドライフード
 
主原材料 内容量 総合評価
チキン 1.5kg

【PR】

カナガンキャットフードチキン公式サイト

 

「モグニャンキャットフード」は食いつきも良く、コンディション維持に最適なフードです

 

モグニャンキャットフードは食いつきがいいのでしっかり食べてくれますよ。

 

食いつきの良さの理由は原材料が白身魚メインで、風味豊かな香りが広がるので猫の食欲を刺激してくれるからですね。

 

 

フードボールに入れた瞬間に飛びつく行動にいつもビックリしています。

 

モグニャンキャットフードを与える事によるメリット

 

  • 食いつきが良い
  • コンディションの維持ができる
  • 穀物アレルギーがあっても安心

 

猫の健康維持に最適!と今売れているモグニャンキャットフードに切り替えて正解でした。

 

【PR】

モグニャンキャットフードの公式サイトはこちら

 

 

 

 

-関連記事

Copyright© , 2023 AllRights Reserved.