お留守番中の猫の様子もしっかりチェック! 飼い主不在時の猫はスマートフォンで監視できる

 

留守番中の猫の様子はスマートフォンでチェック!

 

自分が仕事などで外出している間、猫は家でどう過ごしているのか……気になっている飼い主さんは多いと思います。

 

もちろん危険なことをしていないか監視しておきたいということもありますし、純粋に自分の不在時にはどんな様子でいるのか見てみたいという興味もわきます。

 

自分の目で直接見られるのは当然飼い主と一緒に過ごしているときの猫だけですから、不在時の姿も見てみたいと思うのも当然です。

 

また、猫が体調を崩していたり怪我をしているときには家に置いて出掛けるのはとても不安なことです。

 

仔猫やシニア猫ならより一層いつも見ていてあげたいという思いも強くなりますよね。

 

だからといって仕事を休み続けるわけにもいきませんから、自分が不在のときのペットの様子が気になる方はペット用のカメラを導入していることが多いです。

 

とはいえ不在時の監視なんてなかなか難しそうですし、しっかりした設備なしには実現できないように思えますよね。

 

ですが実は、今は外出先でもスマートフォンを使って家の中の様子を動画で簡単にチェックすることができるのです。

 

スマートフォンさえ持ち歩いていれば、後は自宅にカメラを置いて撮影するだけで、猫が誰もいない家の中でどんな風に過ごしているか見ることができますし、問題行動をしていないか監視することも可能です。

 

病気や怪我をはじめとしたトラブルの際にも、スマートフォンで監視できるような環境を整えておけば迅速に対処できて安心ですよね。

 

ネットワークカメラとスマートフォンを利用して、自分がいない間の猫の様子もこっそり確かめてみましょう!

 

 AmazonでネットワークカメラをCHECK

 楽天でネットワークカメラをCHECK

 

 

猫の様子をスマートフォンでチェックする方法

 

飼い主不在時の猫の様子を外出先からスマートフォンで監視するには、「ネットワークカメラ」と呼ばれるカメラが必要になります。

 

カメラをインターネットに接続することで、スマートフォンやパソコンにリアルタイムで映像を送信し、ライブ動画を様々なデバイスでチェックできるようになっているのです。

 

このペット用のネットワークカメラには様々な商品があり、中には必ずパソコンも用意しなければ使えない物も多いです。

 

ですが近頃はスマートフォンやタブレットなどの端末さえあれば使用できるより簡単でシンプルなカメラもたくさん発売されていますので、

 

パソコンを持っていない方、あまり得意ではないという方でも安心してトライしてみてください。

 

ただ、インターネットを利用して動画を送信するという都合上、自宅のインターネット環境はある程度整っている必要があります。

 

固定カメラで良いなら有線でも大丈夫ですが、スマートフォンからの操作で移動したりカメラの首を振って広い範囲を撮影したりといったカメラを使う場合は無線LAN環境も用意しておきましょう。

 

wi-fiルーターがあれば、自宅の敷地内程度ならどこにあるデバイスでも無線でインターネットに接続できるので、猫が家の中のあちこちを歩き回るときもその後を追ってしっかり撮影することができます。

 

定点カメラだけではなくある程度猫の動きを追うカメラが欲しいという方はwi-fiルーターの用意も忘れないようにしてください。

 

 AmazonでWifiルーターをCHECK

 楽天でWifiルーターをCHECK

 

使用するカメラによって動画の撮影・送信のための設定は細かいところが異なりますが、

 

基本的にはカメラをインターネットに接続し、スマートフォンやタブレットなど動画をチェックしたいデバイスに専用のアプリをインストールするだけで使えます。

 

インストールしたアプリにも自宅のカメラを登録しさえすればすぐにカメラが撮影した映像を見ることができます。

 

複雑な操作や設定は一切ありません。

 

これなら、普段あまりインターネットやパソコン、その周辺機器を利用しないという方でも比較的簡単に利用できますよね。

 

飼い主が不在時の猫の様子を監視しておきたいけれど機械に弱いから、という理由で諦めていた方でも充分取り扱えるはずです。

 

カメラとインターネット環境さえ用意すれば、自分が不在時の猫もちゃんと監視しておきたいという飼い主の夢が簡単に叶ってしまうのです。

 

 

動体検知機能や通知機能など、便利な機能が搭載されているカメラも

 

実際に飼い主不在時の猫の様子を見てみるとわかるのですが、ほとんどの時間猫は眠って過ごしていることが多いです。

 

特に日中はよく眠っているので、カメラを通して映像を見ていてもあまり動きはありません。

 

もちろん眠っている姿もかわいいのですが、寝ているところを見ていても監視という意味ではあまりメリットがありませんよね。

 

それに仕事中であれば四六時中動画をスマートフォンでチェックしているというわけにもいきません。

 

仕事ではなくても、人と一緒にいるときにスマートフォンばかり見ているのは失礼です。

 

物理的にスマートフォンを確認できない状況にしばらく置かれることもありますよね。

 

カメラは常に猫や室内の様子を撮影し続けていますが、それを常に監視し続けることは現実的ではありません。

 

ですが、よく寝ているからと目をはなした隙になんらかのトラブルが起こる可能性もあります。

 

一見深く眠っているように見えても、猫は基本的に眠りの浅い生き物です。

 

ちょっとした刺激ですぐに目を覚ましますし、起きてすぐに動き出すことも多いです。

 

特に動きがないようだからとスマートフォンから目をはなした直後に危ないところで遊びはじめるかもしれませんし、体調の変化が行動にあらわれる可能性もありますよね。

 

自分の不在時はずっと監視し続けることはできない、けれど何かあったときにはすぐに様子を確認したい……

 

そんな飼い主さんのために、動体検知機能や通知機能が搭載されているカメラもあります。

 

動体検知機能とは、その名前の通り、カメラの視界に動くものが映ったらそれを認識する機能のことです。

 

この動体検知機能を利用すれば、猫が起きて動き出したタイミングをカメラが識別し、しっかり撮影しておいてくれます。

 

またこの動体検知機能と合わせてスマートフォンへの通知機能も活用すれば、猫が起き出してカメラに映った瞬間に通知がきます。

 

動体検知機能と通知機能があれば、猫が目を覚まして活動をはじめたところを逃さず監視できるというわけです。

 

登録しておいたメールアドレスにカメラで撮影した画像を添付して送信してくれるので、動画をじっくりチェックすることができないときでもすぐに確認できるのも大きなメリットですね。

 

また、万が一家に誰かが不法侵入していたり、他の猫がこっそり入り込んでいたりといったケースでもこの動体検知機能はしっかり活躍してくれます。

 

そこまでの事態はそうそう起きることではないですが、例えば自分以外の家族が猫にどう接しているか、不意の来客があったかどうかなども確かめることができるのが便利ですね。

 

自分の不在時に他の家族が猫を構いすぎていた……なんてこともこっそり確かめることができます。

 

また、日が沈むと家の中も自然と暗くなりますが、そんなときでも暗視機能がついたカメラなら猫の様子をしっかり把握することができます。

 

猫は暗い部屋でもさほど問題なく動くことができますが、そのままの状態で撮影してもあまり良く見えません。

 

ですが暗視機能があれば、画像はモノクロになってしまうものの、猫の様子程度なら特に問題なく監視することができます。

 

他頭飼いしているご家庭なら別ですが、1匹で飼っている場合夕方頃から暗い部屋で寂しそうにしている猫の姿を見ることができるかもしれません。

 

玄関の方をちらちら気にしながら待っている様子を見ると今すぐにでも帰りたくなってしまうことは間違いありません。

 

 

映像だけではなく音声を聞いたり届けたりすることもできる!

 

カメラによっては、マイクが内蔵されていて映像だけではなく音声も聞けるものもあります。

 

自分の不在時にも猫を監視するだけではなくその声を聞けるのはもちろん嬉しいことですし、加えて家の中にいて聞こえる周囲の物音を把握できるのも嬉しいポイントです。

 

猫が飼い主の不在時どんな様子であるか監視するのも大事ですが、どんな環境で過ごしているのかということを把握するのも、猫のことを考える上ではとても大切です。

 

例えば、家の近くで工事をしていたとしても、その物音が聞こえるのは大工さんたちが働く日中だけですよね。

 

道路を走る車の音、家の周囲を通る人々の声なども、日中にしか聞こえない環境音です。

 

夜には同じ家に帰るとはいえ、昼間は仕事をしている飼い主が不在時の猫は飼い主の把握している自宅の環境とはまた別の環境で暮らしているといえます。

 

また猫がカメラに映らない場所にいるときにも声や物音を聞くことはできますので、鳴き声や物音の様子から今何をしているところか、どんないたずらをしてしまったのかなど、ある程度把握しておけます。

 

どんなに監視していても実際に帰宅しなければいたずらの後始末はできませんが、急を要する事態になっているときにも気付きやすいので、より安心して猫にお留守番を任せられるようになりますね。

 

またこちらの声も猫に届けられますので、寂しそうにしていたら呼びかけてあげることもできます。

 

いたずらをしそうなことに気が付いたときなど、軽く声をかけて牽制するのもおすすめです。

 

 

カメラを活用して外出時の不安を解消しよう

 

仕事をはじめ猫を置いて外出しなければいけないときの不安感は、猫を飼っている方なら誰しも感じているものですよね。

 

自分の不在時に何か困ったことが起きてはいないか、危ないいたずらをしていないか、体調を崩したり怪我をしたりしていないだろうか……などなど、滅多に起きないことだとわかっていつつも不安は尽きません。

 

不在時にどんな風に過ごしているのか、少しは寂しく思ってくれるだろうかなどの興味もわきますよね。

 

できることならいつだって猫のことを監視していたいというのが飼い主としての本音かと思います。

 

ただ、いくら監視したいといってもどうしても家を空けなければいけないときはあります。

 

そんなとき、飼い主の不安を解消してくれるのがネットワークカメラとそのアプリです。

 

スマートフォンで簡単に猫の様子を監視できるとなれば、外出に伴う不安感はぐっと減らせます。

 

ネットワークカメラがあれば自身が不在時の猫の様子もリアルタイムで知ることができますし、より深く猫のことを知るチャンスにもなります。

 

何より、猫に万が一危険が迫ったときにはすぐに駆けつけることができるというのが一番のメリットですよね。

 

カメラとスマートフォンを駆使すれば、外出時につきまとう不安や猫のリスクを減らすことができるのです。

 

 AmazonでネットワークカメラをCHECK

 楽天でネットワークカメラをCHECK

 

 

 

 

  • スーパーやコンビニなど、どこでも気軽に購入できる
  • ホームセンターで安く購入できる

 

キャットフードを与えていると、

 

  • 皮膚を痒がる/皮膚が赤い
  • お腹が弱くなる/うんちがゆるくなる
  • 病気がちになる
  • 食いつきが悪くなる
  • 目やにが増える
  • 涙やけができる

 

など猫の健康を損なう恐れがあります。

 

そのため、キャットフードを購入するときはパッケージの背面に記載されている原材料や成分表を確認し、猫の体に良くない食べ物や原材料が含まれていないか細かくチェックする必要があります。

 

そこで、猫の餌に最適なキャットフード選びで大切な7つのポイントをご紹介します。

 

猫の餌に最適なキャットフード選びで大切な7つのポイント

 

 

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント① 猫の食欲を誘う魚の香りや風味があるキャットフード

 

猫は本来肉食で、特に魚の香りがする食べ物を非常に好みます。そのため、牛肉や鶏肉や豚肉、カツオやサーモンの香料を含ませ、猫の興味を誘うキャットフードもありますが、いつかその嘘が猫にばれてしまいそっぽを向かれます。

 

その為、原材料が白身魚やサーモンがメインの魚の香りがつよい猫の餌を選ぶ事で、猫のキャットフードへの食いつきを良くする事ができます

 

猫の食いつきがいいキャットフードのおすすめ人気ランキングBEST3はこちら

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント② 無添加

 

 

市販の安いキャットフードには、猫の健康を害する恐れのある

 

  • 酸化防止剤(BHA/BHT)
  • 人工香料

 

などの人工添加物が多く含まれている事が多く危険です。

 

また、

 

・死んだ動物の肉(DeadMeet)

・病気だった動物の肉(DiseasedMeet)

・しにかけだった動物の肉(DyingMeet)

・障害のあった動物の肉(DssabledMeet))

 

のアルファベットの頭文字をとった「4Dミート」と呼ばれる、◯◯ミールや◯◯パウダーといった、品質の悪い原材料の肉副産物が原材料に含まれています。

 

そのため、人工添加物を含まず、低品質な肉副産物を含まない安全なキャットフード選びが必要です。

 

無添加キャットフードのおすすめ人気ランキングBEST3はこちら

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント③ 栄養バランスが良いキャットフード

 

どんなに食いつきが良くても、栄養が偏ってしまうと意味がありません。

 

栄養が偏ってしまうと、

 

  • 病気がちになる
  • 皮膚を痒がる
  • お腹がゆるくなる
  • 抜け毛が増える
  • 毛並みや被毛の艶が悪くなる

 

になる原因になります。その為、原材料が

  • 動物性たんぱく質が多く含まれる
  • 食物繊維やミネラルが豊富

 

など、猫の身体を丈夫に育てる為に必要な栄養素がバランス良く配合されているフードがおすすめです。 

 

栄養バランスが良いキャットフードのおすすめ人気ランキングBEST3はこちら

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント④ 動物性たんぱく源を50%以上含むキャットフード

 

動物性たんぱく質猫の身体を作る上で重要な栄養素です。

 

  • 丈夫な体作り
  • 健康的で毛艶のある毛並みの維持

 

に必要で、元々肉食である猫は肉や魚肉を好んで食べる習性があります。その為、原材料に肉や魚肉を多く含むキャットフードを好むので食いつきの良さにも関わってきます。

 

主原料に肉や魚肉を多く含み、粗たんぱく質を35%以上含まれるキャットフードを選ぶのがおすすめです。

 

動物性たんぱく源が豊富なキャットフードのおすすめ人気ランキングBEST3はこちら

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント⑤ 穀物の有無

 

 

猫は肉食の為、穀物を消化するのが苦手な生き物です。

 

市販の安いキャットフードには腹持ちを良くするために原材料に穀物を含む商品が多く存在しています。

 

食べても影響がない猫もいますが、穀物を食べることで消化不良を起こし、

 

  • 胃の中でガスが溜まり胃捻転を発症する
  • アレルギーの原因になる
  • 胃腸が弱くなる

 

など猫の体にトラブルを引き起こす原因になるので、穀物が一切含まれないグレインフリータイプのキャットフードがおすすめです。 

 

グレインフリーなキャットフードのおすすめ人気ランキングBEST3はこちら

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント⑥ 低炭水化物でヘルシーなキャットフード

 

※引用元 http://konaka-ah.com/index.php/page/protein

 

 

炭水化物は人間と同様に猫を太らせてしまう原因になります。

 

その為、ヘルシーで高タンパクな魚肉やGI値が低いサツマイモなどが含まれている低炭水化物のキャットフードがおすすめです。

 

また、サツマイモが含まれているとエネルギー消費に時間がかかり腹持ちがよくなるので、給餌量(餌の量)が少なくても平気になるのでダイエットにも最適です。 

 

低炭水化物でヘルシーなキャットフードのおすすめ人気ランキングBEST3

 

猫の餌におすすめなキャットフード選びで大切な7つのポイント⑦ ドライフード

 

 

ウェットフードを好む猫も多いですが、ドライフードが猫の健康維持に最適です。

 

その理由は、カリカリタイプのフードをよく噛んで食べる事で、

 

  • 脳への刺激
  • 顎の強化
  • 歯周病の予防

 

が可能になるためです。

 

ウェットフードの場合、歯間や歯茎に食べかすが残り歯周病の原因になる為食後のケア(歯磨きなど)が大事になりますが、ドライフードであれば食べかすを食べながら取り除く事ができます

 

ドライフードのキャットフードおすすめ人気ランキングBEST3はこちら

 

 

以上がキャットフード選びで必要な7つの基準になります。

 

しかし、市販されているキャットフードは、この7つの基準を満たしていないフードばかりで猫の健康を一番にかんがえられていないキャットフードが多いため注意が必要です。

 

また、BHAやBHTなどの発がん性物質が含まれ安全性に疑問がのこる一部のプレミアムキャットフードも存在しています。

 

そこで、猫の餌に最適なキャットフード選びに必要な7つの基準をもとにしたキャットフードのおすすめランキングBEST3をご紹介します。

 

モグニャン

香料・着色料不使用/グレインフリー/ドライフード/全猫種・全年齢(全ライフステージ)対応

食いつきの良さ
栄養バランス 安全性の高さ たんぱく質の量
 
グレインフリー ヘルシーさ ドライフード
     
主原材料 内容量 総合評価
白身魚 1.5kg

 

モグニャンの詳細ページ

【PR】

モグニャンの公式サイト

 

 

カナガンキャットフードサーモン

香料・着色料不使用/グレインフリー/ドライフード/全猫種・全年齢(全ライフステージ)対応

食いつきの良さ
栄養バランス 安全性の高さ たんぱく質の量
 
グレインフリー ヘルシーさ ドライフード
     
主原材料 内容量 総合評価
サーモン 1.5kg

【PR】

カナガンキャットフードサーモン公式サイト

 

カナガンキャットフードチキン

香料・着色料不使用/グレインフリー/ドライフード/全猫種・全年齢(全ライフステージ)対応

食いつきの良さ
栄養バランス 安全性の高さ たんぱく質の量
 
グレインフリー ヘルシーさ ドライフード
 
主原材料 内容量 総合評価
チキン 1.5kg

【PR】

カナガンキャットフードチキン公式サイト

 

「モグニャンキャットフード」は食いつきも良く、コンディション維持に最適なフードです

 

モグニャンキャットフードは食いつきがいいのでしっかり食べてくれますよ。

 

食いつきの良さの理由は原材料が白身魚メインで、風味豊かな香りが広がるので猫の食欲を刺激してくれるからですね。

 

 

フードボールに入れた瞬間に飛びつく行動にいつもビックリしています。

 

モグニャンキャットフードを与える事によるメリット

 

  • 食いつきが良い
  • コンディションの維持ができる
  • 穀物アレルギーがあっても安心

 

猫の健康維持に最適!と今売れているモグニャンキャットフードに切り替えて正解でした。

 

【PR】

モグニャンキャットフードの公式サイトはこちら

 

 

 

 

-関連記事

Copyright© , 2023 AllRights Reserved.