市販されている安価なキャットフードを与える危険性について

ドラッグストアやコンビニ、スーパーやホームセンターで販売されている安価なキャットフードを与える危険性についてお話します。

女性ポイント

 

愛する猫の健康を考える飼い主さんは是非参考にして下さい。

 

スーパーやコンビニ、ドラッグストアやホームセンターで販売されている安価なキャットフードは危険!?

catfood

 

スーパーやコンビニ、ドラッグストアやホームセンターで販売されている市販品のキャットフードには防腐剤や酸化防止剤等添加物が大量に含まれていたり ミートミールやフィッシュミール等原材料の詳細が不明な素材が含まれている場合が多いです。

 

こういった◯◯ミールという名前の原材料は絶対人間が食べない物が含まれている事があります。  

 

※◯◯ミールに含まれている可能性がある原材料の例)

 

  • 廃棄予定だった動物の死肉
  • 殺処分された動物の死肉
  • 加工された後の魚の内蔵や骨
  • 精肉された後のくちばしや角、蹄
  • 賞味期限が切れた廃棄予定の食肉品 etc...

 

この様な明らかに猫の体に悪そうな不確定要素の原材料が含まれている粗悪なキャットフードは食べさせるべきではないと思います。

 

私達が逆の立場だったらそんな、危険な粗悪品を食べさせられてるとしたらぞっとしますよね?

 

ましてや猫達は自分で食べるものを選ぶことはできません。

 

なので、しっかり猫の飼い主として健康維持を考え品質の高い安心安全なキャットフードを与えてあげる必要があります。

 

猫におすすめできる食いつきの良いキャットフードが持つ特徴とは?

アメリカンカール おすすめ キャットフード 特徴 ポイント

 

猫が毎日食べる食事は、含まれている原材料が明確に記載されていてかつ、人工添加物(防腐剤や酸化防止剤等)が含まれていないナチュラルなキャットフードがおすすめです。

 

中でも、おすすめできるキャットフードのポイントは  

 

  • しっかりした猫の体格を形成する為に必要な動物性たんぱく質が多く含まれているもの
  • 肥満防止の為に低炭水化物なもの
  • 穀物不使用のグレインフリータイプまたは、アレルギーの原因になりにくい米類などの穀物のみが含まれるもの
  • 動きが活発で関節系のトラブルが多い猫の為に、関節のトラブル予防に有効なグルコサミンやコンドロイチンが含まれるもの
  • 猫本来の嗜好性を意識し食付きが良くキャットフードを変えやすいもの
  • 酸化防止剤や防腐剤などの人工添加物が含まれていない無添加のナチュラルフード

 

この7つの特徴を持つキャットフードです。

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.